体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

妊娠中に「深部静脈血栓症」を発症した私。血栓リスク20倍の緊急帝王切開に

f:id:akasuguope01:20170226113149j:plain

妊娠中期の22週に、妊娠中のトラブルとしてはマイナーな深部静脈血栓症を発症。

血液が固まらないように持続点滴をしながら分娩までの管理入院を余儀なくされていました。妊娠中に起こる深部静脈血栓は、妊娠初期か分娩直後がいちばん発症しやすく、妊娠中期ではめずらしいといわれていました。

「とにかく無事に子どもを産んで、母子ともに元気に退院しましょう」と、医療スタッフの皆さんに励まされながら入院生活を乗り切り、39週に入ってすぐに破水から私のお産は始まりました。

最初のうちはだいぶ気持ちに余裕があって、「よし産むぞ!」と気合も十分。

「やっとこの長い入院生活も終わるんだ…」なんて感慨すらあったのですが、そのうち陣痛は一気に加速。

破水して陣痛室へ移動して余裕で本なんか読んでいたはずの自分が、気が付けば痛みで何も考えられない状態に。

いったいどのくらいの時間が経過してそうなったのか、なぜか全く覚えていないんです。そのくらい陣痛の勢いがすごかったのだと思います。

「少し痛くなってきたかな?」と思ってからあとの記憶がほとんどないほど。何分間隔どころではありません。もう気が付けばずっと痛いのです。

これは早くお産が進むかと思いきや、なぜか子宮口はまったく開かず。

痛みの勢いに負けてしまい、全く飲めない食べられない状態になってしまいました。

陣痛に休みがないので、痛くない時間というのが存在せずなにも考えられないし、なにも口にできない。

そんな状態のまま1日半が過ぎた頃、助産師さんが内診して「子宮口、4割くらい開いてきてますよ~」と。

まだ!?まだ4割!?こんなに苦しいのにまだそれだけ?

完全に心が折れてしまい、このあたりからは先生や助産師さんに「もう切ってください」とそればかり言っていました。もう無理です、と。

我ながら情けないですが、本当にもう早くこの痛みから解放されたい、ということしか考えられなくなってしまいました。

でもなかなかそう簡単には帝王切開になんてなりません。

しかし、先に破水してしまっていることで感染兆候が見られ始めてきたことがわかり、とにかく早く子どもを出してあげたほうが良いだろうということになるのですが、それでも先生方は「陣痛促進剤を使おうかどうか」なんて言ってます。

私としては、もうこれ以上一寸の余裕も体力もなく全く踏ん張れる気がしないので、子どもの無事のためにも帝王切開してほしいと懇願しました。

すると先生が言いました。

「帝王切開は手術です。どんな手術でも、術後は血栓のリスクがあります。あなたの場合は妊娠中に深部静脈血栓ができている。この場合の帝王切開後の血栓形成リスクは通常の20倍です」と。

それは尋常なことではない…そう思い、とにかく今は頑張るしかないと思い直しました。 関連記事:「深部静脈血栓」で管理入院。絶対無事に産むんだ!不安な気持ちを切り替えられたのは…

その後しばらく陣痛と戦い、破水から2日後。やっと子宮口全開!

あと少し、というところで今度は微弱陣痛となってしまい、お産が停滞。

いよいよ促進剤を使用する段階になって準備していると、今度は赤ちゃんの心拍が急激に下がり始めてきてしまいました。

それまでは割とのんびりしていた助産師さんたちの表情や雰囲気が一気に変わり、私もパニックに。

「赤ちゃんになにかあったらどうしよう…」。

全く冷静さを失い、なにか大声で叫んでいたように思いますが、よく覚えていないです。

ただ先生が「帝王切開でいこう」と言ったことだけ、鮮明に記憶にあります。

そこからはまるで早回しのようにベッドで寝ている自分の周りの景色が動いていきました。

あっという間におしっこの管が入れられ、入れられながら麻酔科の医師から麻酔の説明を受け、気が付けば手術室です。

血栓リスク20倍。今考えると本当に怖いです。

でもこのときは自分がどうにかなるという恐怖はまったくありませんでした。

ただただ、赤ちゃんが無事であるように、無事に産まれてきてくれますように。

そうこうするうちに、先生が赤ちゃんを取り出しました。私からは見えません。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会