ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

リバイバルヒットは突然に?! 荻野目洋子と安室奈美恵がトップ10入り【Chart insight of insight】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
リバイバルヒットは突然に?! 荻野目洋子と安室奈美恵がトップ10入り【Chart insight of insight】

 今週のHot100を見て驚いた方は多いのではないだろうか。DAOKO×米津玄師「打上花火」が返り咲きの1位というニュース性がありつつも、2位に突如チャートインした荻野目洋子の「ダンシング・ヒーロー」には思わず間違いではないかと感じたかもしれない(【表1】)。

 この曲がチャートインした理由は、御存知の通り大阪府立登美丘高校ダンス部による”バブリーダンス”の影響によるものだ。これは、女子高生たちがバブル期のボディコンファッションに身を包み、切れ味たっぷりのユニークなダンスを披露する動画で、BGMに「ダンシング・ヒーロー」が使用していたことによる。この動画は、荻野目本人や動画にも協力したバブリー・ネタで人気の平野ノラなど著名人たちのプッシュもあって拡散。YouTubeでの動画再生数が一気に870万回以上にも達したという。チャートを見てみると、先週の時点ですでに動画再生数は4位にまで上昇していたが、今週はダントツの1位となった(赤のグラフ)。そのポイント数も圧倒的だったことにより、トータルでも2位となったわけである。ツイッターのつぶやき数やセールス数も圏外ながらも多少は影響しているとはいえ、ほぼ動画再生数のみでここまで到達したのは見事。昨今はピコ太郎の例もあるが、CDの売上がなくてもヒットが生まれるという好例だろう。

 そして、突然の引退報道に湧いた安室奈美恵のランクインも、通常のヒットのセオリーとはまた違う動きを見せた。「Hero」は、昨年リオデジャネイロ五輪の際にNHKのテーマソングとなった楽曲だが、おそらく歌詞の内容が今回のニュースに直接結びついたからだろう。一気に5位にまで上昇した(【表2】)。チャートの構成要素を見ていると、セールスポイントが2位ということで実際にCDの売上やダウンロードでの数字が伴っているのが特徴だ。また、ルックアップ(CDのPCでの読み取り数)が急増しているのも目立ち、一連のニュースでレンタル需要が増えたであろうことが想像できる(オレンジのグラフ)。彼女の楽曲は他にも、100位以内に12曲チャートインしており、まだまだ上昇する可能性が高い。

 ヒットを生むのは、リリースタイミングだけでない。そのことが顕著に現れたのが、今週のチャートなのである。Text:栗本斉

関連記事リンク(外部サイト)

向かうところ敵無し! 福山雅治の新曲はどこまでヒットするのか?【Chart insight of insight】
J-POPに負けない洋楽の作り方とは?! テイラー・スウィフトとマルーン5【Chart insight of insight】
米津玄師はJ-POP界の救世主か?! DAOKO × 米津玄師「打上花火」とハチ「砂の惑星 feat.初音ミク」【Chart insight of insight】

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。