ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【ライヴレポ】BiS、GANG PARADE、広島公演を皮切りに全国ツアーをスタート!!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ライヴレポ】BiS、GANG PARADE、広島公演を皮切りに全国ツアーをスタート!!

※後日、ライヴ写真を掲載予定

2017年10月1日、BiSとGANG PARADEの2組が全国7箇所9公演を周る全国ツアー〈HELL!! CLASH!! BREAK!! TOUR〉初日公演が、広島Back Beatにて行われた。

2組は、同じ事務所・WACKに所属するアイドル・グループ。現在、BiSのアヤ・エイトプリンスがGANG PARADEヘ、GANG PARADEのカミヤサキがBiSへ無期限レンタル移籍中と、切っても切り離すことのできない関係性を持った仲間であり、ライバル関係でもある。そんな2組が一緒に全国を巡るツアーということで、会場はたくさんの研究員(※BiSファンの呼称)と遊び人(※GANG PARADEファンの呼称)で埋め尽くされた。

開演に先駆け、2組のマネージャーである渡辺淳之介が注意事項を述べ、初の2マン・ツアーは幕を開けた。

■初広島上陸、GANG PARADEの一体感

先攻で登場したのは、GANG PARADE。「活動しはじめて3年目で、ようやく広島に来ることができました。いつか、GANG PARADEも広島でワンマン・ライヴができるよう、これから歩んでいきたいと思います」とユメノユアが宣言すると「私たちGANG PARADEのライヴは、ここにいる1人1人が主役です。このツアーを通してみんなと一緒に楽しい空間を、楽しい遊び場を作っていきたいです。GANG PARADE、はじめます」と、最新シングル曲「Beyond the Mountain」でライヴをスタートさせた。

途中、恒例となったコントコーナーも行われた。ココ・パーティン・ココが各メンバーに広島で食べたいものを聞いていくと、ユイ・ガ・ドクソンが「私は、もみまんかな」と答え、畳み掛けるようにヤママチミキが「私は、あげまんかな」、キャン・マイカは「生が好きかな」と答えていった。「下ネタやめてよ!! えっち」とテラシマユウカが突っ込むも、テンションが上がりすぎぐたっとしてしまったマイカ。そんなマイカを助けるため、もみまんマンこと紅葉を顔にはめたアヤ・エイトプリンスが登場。「元気がないのは君かい。僕がもみもみしてあげようか」「君がほしかったのはこれだろ。もみまん!!」と、もみまんがもみじ饅頭の略だったことが明かされると「もみまんって、もみじ饅頭のことやったんかーーーい」とユウカがツッコミ、後半がスタート。

POP時代からのオリジナル・メンバー、ユメノとヤママチ。そこに1年前の10月2日、名古屋で行われたワンマンライヴでキャン・マイカが、11月13日に新宿BLAZEで開催されたワンマンで元SiSのココ、ドクソン、ユウカが加入、2017年5月からはレンタルトレード中のアヤも加わり、7人体制で活動をしてきた彼女たち。カミヤサキはBiSへレンタル移籍中だが、カミヤも楽屋で見守っている中で行われた初めての広島公演。地元のお客さんも多い中、初っ端からお客さんたちはシンガロング。まさに1人1人が主役の遊び場を作りあげたギャンパレらしいパフォーマンスを見せてライヴは幕を閉じた。

■新生BiSの力強さを感じる、ぐちゃぐちゃながら熱いステージ

後攻で登場したのはBiS。暗転したステージに「Nerve」のイントロが流れると、メンバーが勢いよく登場し、パン・ルナリーフィの「踊りましょう!!」の掛け声でライヴがスタートした。「広島Back Beatにお越しのみなさーん、こーんにちはー! 新生アイドル研究会BiSです。よろしくおねがいします!」と挨拶をし、1人1人が自己紹介をしていった。なかでもカ・フロント・フロンタールは「広島ということで顔に秋をちりばめてみました」と、白塗りに紅葉を散らした広島仕様で登場し注目をあびた。

中間部分では、BiSもコント的なMCが繰り広げた。ゴ・ジーラがももらんどに対し「ちょっと待って。声ちっちゃくない? 聞こえますか? 今日ツアー初日やん。そんなちっちゃい声で、始まると思ってんの?」と問い詰めると「だまれだまれだまれ、うるさいうるさいうるさい! ももらんどがはじまるって言ったらはじまる!!」と大きな声で返答し客席から歓声がおこると、〈始まらない始まりの歌〉という出だしではじまる「Never Starting Song」を披露。

カミヤサキが「先ほど、GANG PARADEのライヴを楽屋で見ていました。本当にGANG PARADEはいつもまっすぐで、仲間思いで、一生懸命で、全力でなにごともやることの格好よさを教えてもらいました。そんなGANG PARADEとこうして2マンツアーを回ることができて本当に嬉しいです。次の曲はBiSにとってとっても大事な曲です。私たちも全力でみなさんに届けます」と語り「gives」を披露。現在リーダーのプー・ルイは活動休止中だが、WACK合宿オーディションで必死に戦いBiSの楽曲として守った大切な曲を、6人で精一杯歌いあげた。

10月6日には延期になった赤坂BLITZでのワンマンを控えているBiS。6人体制でも、それを感じさせないくらいステージを大きく使い、研究員たちもぐっちゃぐちゃになりながら熱いライヴを繰り広げた。なかでも、BiS合宿オーディションで合格を勝ち取り活動をスタートさせたペリ・ウブ、ゴ・ジーラ、キカの活躍には目をみはるものがあった。1年でここまでたくましくなったのか。そう感じる力強さが光るライヴだった。

BiSとGANG PARADEによる全国ツアー〈HELL!! CLASH!! BREAK!! TOUR〉は、まだ始まったばかり。このツアーを経て、2組はどのような変化を見せるのか。ますます期待が高まるツアー初日であった。(西澤裕郎)

〈HELL!! CLASH!! BREAK!! TOUR〉
2017年10月1日(日)広島 Back Beat
時間 : Open 14:00 / Start 15:00
[問]Back Beat 082-247-0074

2017年10月7日(土)大阪 梅田シャングリラ
時間 : Open 16:00 / Start 17:00
[問]サウンドクリエーター 06-6357-4400

2017年10月9日(月・祝) 福岡 DRUM SON
時間 : Open 17:00 / Start 18:00
[問]BEA 092-712-4221

2017年10月15日(日) 札幌 KLUB COUNTER ACTION
時間 : Open 13:00 / Start 14:00

2017年10月21日(土)沖縄 output
時間 : Open 16:00 / Start 17:00
[問]output 098-943-7031

2017年10月22日(日)沖縄 output
時間 : Open 13:00 / Start 14:00
[問]output 098-943-7031

2017年10月29日(日)名古屋 伏見JAMMI’N
時間 : Open 14:00 / Start 15:00
[問]JAILHOUSE 052-936-6041

2017年11月3日(金・祝)仙台 CLUB JUNKBOX
時間 : Open 14:00 / Start 15:00
[問]G/I/P 022-222-9999

2017年11月4日(土)札幌 BESSIE HALL
時間 : Open 16:00 / Start 17:00
[問]BESSIE HALL 011-221-6076

チケット料金 :
通常チケット 4,500円(税込)
※入場時にドリンク代別途必要
未就学児童入場不可

・BiS オフィシャルTwitte : @BiSidol

・BiS 公式HP : http://www.brandnewidolsociety.tokyo/

・GANG PARADE 公式HP :
http://www.gangparade.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。