ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

コンビニのサンドイッチはファミマが具だくさん

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
コンビニのサンドイッチはファミマが具だくさん

おにぎりやサンドイッチといったコンビニの定番フードは、現在ほとんどが各チェーンの独自ブランドで展開されています。どのコンビニでも同じ価格帯で似たような商品が並んでいますが、それらの商品はどこで買うのが正解なのでしょう。そこで、コンビニのサンドイッチをコスパ比較しました。

コンビニのサンドイッチをジャッジ

コンビニのサンドイッチといっても、味についてはそれぞれ好みが分かれるところ。そこで、ここでは各商品をさまざまな角度から数字のみでジャッジしました。コスパに優れたサンドイッチが手に入るのは果たしてどのコンビニなのでしょう。

コンビニのサンドイッチでもっともコスパがよかったのがファミリーマートの「ミックスサンド」。サイズ/重さは8.9W×10.2Hcm/146.1gで具の量は69.2g、具の割合は47.3%でした。価格は268円です。

ファミマのサンドイッチは、サイズ、具の量ともにトップ。具の割合も高く、他社より高い価格も納得感があります。ただし、特にツナをはじめパンの中で具材に偏りがあるのは残念でした。

コスパの悪いローソンのミックス

セブンイレブンの「ミックスサンド」は、他社に比べてツナの量が圧倒的。また具材がパンの端までしっかり入っているのもポイントです。野菜の中にチーズが入っているのもセブンだけでした。サイズ/重さは8.5W×9.2Hcm/130.2gで具の量は59.5g、具の割合は45.6%。価格は250円です。

そして、コンビニのサンドイッチでもっともコスパが悪かったのがローソンの「ミックス」。サイズ/重さは8.5W×9.2Hcm/117.3gで具の量は43.2g、具の割合は36.8%でした。価格は248円です。

価格は最も安いものの、サイズが小さく全体的に具材も少なめ。特に卵の量が少なく、最多のファミマと比べると約4割程度という結果になりました。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。