体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

聴覚過敏って知っていますか?とあるツイッターユーザーのつぶやきから

聴覚過敏って知っていますか?とあるツイッターユーザーのつぶやきから

「みんなちがってみんないい」世間にはそんな言葉があります。多種多様、理想的だし言うのはたやすい。でも現状は……。
知らないなら是非知ってほしい、そんな思いを乗せた言葉、つぶやき、文章が日々誰かから発せられています。少しでも多くの人に「知って欲しい」を届けたいと強く思うツイートはたくさんの人の共感を呼びます。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

そんな「知って欲しい」の願いが込められたツイッターユーザー・ポインセチア‏さん(@poinsettia_noel)のあるツイートが大きな共感を呼んでいます。

息子は聴覚過敏で音の大小関係なく生理的に無理な音があるからイヤマフ常備してるんだけど『小さい子にヘッドフォンで音楽聴かせて!会話しなさい』と勘違いされた。騒音や嫌な音を和らげるだけで音を完璧に遮断してるわけではなく近くにいれば会話も出来るし音楽聴いてるわけじゃないよ💦理解広まって pic.twitter.com/U4Zu56i0Rc

— ポインセチア (@poinsettia_noel) 2017年9月26日

「息子は聴覚過敏で音の大小関係なく生理的に無理な音があるからイヤマフ常備してるんだけど『小さい子にヘッドフォンで音楽聴かせて!会話しなさい』と勘違いされた。騒音や嫌な音を和らげるだけで音を完璧に遮断してるわけではなく近くにいれば会話も出来るし音楽聴いてるわけじゃないよ」という言葉には、息子さん愛用のイヤーマフの写真が添えられています。

続くツイートで、「聴覚過敏だと、人によってはお手洗いの水洗音でも黒板を爪でひっ掻く音並みに不快だったりするし、大きい音はわりと平気でもモスキート音耐えられないって人もいる。息子は踏切や電車の音は平気でも、公共トイレにある濡れた手を風で乾かす機械の音とか無理なんだ」と特定の音に対する過敏性がある事を追記されています。

この出来事は、発達障害のうちのASD(自閉症スペクトラム障害)を持っている息子さんと一緒に電車に乗っていたときの話だそうです。
その後のツイートで、勘違いをした人に丁寧に説明して誤解を解くことができ、誤解していた人もそれ以上何か言うこともなくやや感情的になっていた事も落ち着かれた事、聴覚過敏を含め感覚過敏に対する当事者は結構いるだろうと思われるのに周囲の理解が進んでいないが為に同じ様な誤解をする人に遭遇する人が減って欲しいと思っている事、当事者の人たちからの共感や知ることが出来て良かったと言う反応に対する感謝やアドバイスに対するご自身の試行錯誤の結果、イヤーマフの使用に落ち着いたという事、「一見その場に似つかわしくない道具を持っている方がいてもそれはその人にとっては必要なものかもしれない事」に対する認知の広がりを願う内容の文章が画像で補足されています。

■感覚過敏と発達障害

「自閉症」と称されていた症状は今は「発達障害」という大きな概念の括りに置き換わっています。その発達障害は様々な精神感覚機能の突出や鈍磨、社会性獲得の困難、当事者本人の強いこだわりからくる適応困難感、集中力や感情など情動性に対する自己コントロールの困難感など全部挙げていくと膨大な情報量となってしまうので割愛しますが、モデルの栗原類さんがADD(注意欠陥障害)という発達障害の一つを抱えている事を公表したのは記憶にも新しいところです。
発達障害として先述のADDや「アスペルガー症候群」、学習障害などがよく知られています。こういった脳機能の特性があると特定の感覚が突き抜けて過敏になったり特性故に周囲に理解されにくい言動をしてしまったりします。
聴覚過敏って知っていますか?とあるツイッターユーザーのつぶやきから「政府広報オンライン 発達障害って何だろう?」より引用

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会