ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

1歳3か月の次女が旅行先で39度の熱!見知らぬ土地で病院へ行くべきか迷って…

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20170319212423j:plain

次女が1歳3か月の頃、私たち家族、姉家族、両親の3家族で北海道旅行に行きました。

3泊4日の周遊旅行です。1年に1回家族旅行に行っているのですが、今回は初めての飛行機での旅行でした。

長女、次女含め、小さい子どもが5人いるので移動も大変でしたが、みんな楽しそうにしていました。次女も初日から大はしゃぎで、北海道の自然や食べ物を満喫していました。

ところが、です。

2日目札幌に宿泊した夜中、次女が何回も夜泣きをしました。最初は「いつもと違う場所だし、日中興奮すると夜、泣くこともあるしな」と深く考えなかったのですが、3回目に泣いた時に次女を抱っこしたらものすごく身体がいのに気づきました。

「これは熱がある。しかもかなり高熱かもしれない」と不安になってきました。

これが家だったら体温計もすぐに出せるし、冷えピタを貼ったり、汗をかいていたら着替えもできます。でもここは北海道のホテル。すぐに出てくるわけもありません。

ひとまず次女の状態を見ながら朝まで過ごしました。

朝皆が起きてから、次女の容態のことを伝え、フロントに体温計を借り、売店で冷えピタを買ってきました。熱をはかったらなんと39度を超えていて、次女はぐったりしていました。

でも一応食欲はあるし、鼻水や咳、嘔吐や下痢の症状もないので、今日1日私と旦那の2人でホテルに残り、様子を見ることにしました。長女を姉家族、両親が一緒に観光に連れていってくれたのはありがたかったです。

せっかくの旅行なのにずっとホテルにこもることになってしまった次女は、相変わらず高熱が続いていて、水分をとってもすごく汗をかくので脱水症状が気になりました。

何度も病院に行くか迷って、近くの病院を検索しました。 関連記事:生後1か月で突然の発熱。予備知識もかかりつけもなくて、慌てて病院探し!

でも熱がでたのが日曜日の朝で、病院は休日診療しか空いていない。

そして月曜日には自宅に帰ります。熱だけだったらとんぷくしか処方されないのも知っていましたし、知らない土地で病院に行くのも不安でした。

1歳3か月で高熱がでるとなると、「突発性湿疹」の可能性もあり、やはり病院へ行くのは地元に帰ってから行こうと決めました。

帰りの飛行機では、次女はいつもとは違う環境で不安なのかずっと泣いてしまって、機内の2時間がより長く感じました。

でもキャビンアテンダントさんが気を遣って一番後ろの席を貸してくれたのでそこで次女をあやしながら過ごしました。

飛行機が到着したのが午後5時半。

その後すぐに、7時まで診察している近くの小児科にかけこみました。

やはり突発性湿疹の可能性があるのと、脱水症状がすすんでいるので、すぐに点滴をすることになりました。

1歳過ぎの子どもの血管はとても細いのでなかなか血管に針が通らず、30分以上かかってやっと点滴ができました。

次女がそんな辛い状態なのにすぐに病院に連れていけなくて本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

次の日には熱も下がり、お腹や身体に湿疹が出てきたので、突発性湿疹だとわかり少し安心しました。

機嫌は悪かったですが、高熱で辛そうだった時に比べるとずいぶん身体も楽そうでした。 関連記事:繰り返す高熱に大焦りして何度も病院を受診。突発性発疹と診断されるまで

このように旅行先で病気になると、どのように対処するか判断が難しかったです。私たちのように身内でレンタカーでの自由な旅行だったらプランの変更も可能ですが、ツアーバスでの旅行などだと、病院や薬局に行くだけでも大変です。

今回、脱水症状が進んでいて点滴にまでなってしまったので、やはり心配なら休日や旅行先だからとか考えず、すぐにでも病院に連れていった方がいいなと思っています。

f:id:akasuguope01:20170319205922j:plain

著者:non0527

年齢:31歳

子どもの年齢:4歳、1歳

上は4歳、下は1歳の姉妹を育てているママです。最近やっと姉妹で仲良く遊べるようになりました。趣味はバドミントン。子ども達もマイラケットを持って練習しています。好きなものは映画とお酒。子どもたちが寝たあとの晩酌と映画鑑賞を楽しみに毎日のんびり過ごしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

1歳半の息子と10時間のふたり旅…成田でも現地でも非常に助かった「空港サポート」 by 眉屋まゆこ
初めての温泉
色々、初体験

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。