ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

夏だけじゃない。宮崎のたまらない「冷汁」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
夏だけじゃない。宮崎のたまらない「冷汁」

だいぶ涼しくなってきたとは言え、まだまだ気温差も激しく、疲れが残りやすい人も多いのではないでしょうか。

南国・宮崎の我が家には、そんな「バテ気味な人」にぴったりな秘伝のレシピがあります。

「冷汁(ひやじる)」です。

郷土料理として知られていますが、簡単に言えば「具だくさんの冷たい味噌汁をご飯にかけていただく」もの。ご家庭でも簡単に作れるので、夏だけじゃなく、定番レシピとしてもぜひ。夏だけじゃない。宮崎のたまらない「冷汁」

分量は2人分です。

・あじ(生)…2尾
・麦味噌…60g
・麦ご飯…お茶碗2杯分
・きゅうり…1本
・木綿豆腐…1/2丁
・みょうが…1本
・小口ねぎ…2本
・すりごま…大さじ2
・冷たいだし汁…400ml

Step01.
具材を切る

夏だけじゃない。宮崎のたまらない「冷汁」

材料を揃えたら、まずは具材や薬味を切ります。

きゅうりとみょうがは薄切り、小ねぎは小口切りに。あじもおろしましょう。豆腐は水を切り、手で崩します。

Step02.
あじを焼く

夏だけじゃない。宮崎のたまらない「冷汁」

あじをグリルで焼きましょう。焼き加減はいつもの焼き魚と同じでOK。

こんがりと焼けたら、身の部分だけをほぐします。あじは小さい骨でも固いものがあるので、骨の取り忘れには要注意。

ちなみに、あじは干物でもいいですし、かますなど他の好みの魚でも代用できます。

Step03.
あじとごま、味噌をあわせる

夏だけじゃない。宮崎のたまらない「冷汁」

冷汁を作るときに欠かせない調理器具があります。それが「すり鉢」と「すりこぎ」。

先ほどほぐしたあじの身とすりごま半量をすり鉢に入れます。夏だけじゃない。宮崎のたまらない「冷汁」

これらを、すりこぎでそぼろ状にしていきましょう。骨を見つけたら、都度取り除きます。あじとごまの香ばしい香りが食欲をそそります。

Step04.
味噌を焼く

夏だけじゃない。宮崎のたまらない「冷汁」 先ほど混ぜ合わせた味噌をすり鉢の底、およそ5mmの厚さに伸ばしていきましょう。夏だけじゃない。宮崎のたまらない「冷汁」

そして、ここからが冷汁づくり最大のポイント。

味噌を伸ばしたすり鉢を逆さにして、コンロで中火で焼き目を付けていきます。このとき、空気が鉢の中に入るように注意してください。夏だけじゃない。宮崎のたまらない「冷汁」

焼き目の目安はこれくらい。

ところどころに焦げができる程度でOKなので、やけどに気をつけながら時々様子を見て焼き目をつけていきましょう。味噌を焼いた香ばしい香りがキッチンに漂います。

Step05.
焼いた味噌をだし汁でとく

夏だけじゃない。宮崎のたまらない「冷汁」

味噌が焼けたら、鉢の中に冷たいだし汁を入れてといていきます。すりこぎで削ぎ落とすように味噌をはがしていきましょう。だし汁は一度にすべて加えず、少しずつ入れていきます。

この時もまだ鉢が熱いことがあるので、やけどに注意。すべてときおわれば、冷汁の味噌汁の完成です。

Step06.
盛り付けて完成

夏だけじゃない。宮崎のたまらない「冷汁」

器に麦ご飯を盛って、豆腐、きゅうりを入れたら先ほどの味噌汁を注ぎます。最後にみょうが、小口ねぎ、残りのすりごまを散らせば完成。刻んだ大葉を入れてみたり、麦ご飯をそうめんやうどんに変えてもおいしくいただけます。

夏場の暑いとき「もう少しひんやりした冷汁が食べたい!」という人は、氷を入れるのもおすすめです。

お茶漬けのようにサラサラと食べられる冷汁は、宮崎の郷土料理として長い間親しまれています。南国の土地から生まれたこのメニューは、バテ気味な季節を乗り越えるためのアイデアがぎゅっと詰まった一品と言えるかもしれません。

ぜひ、お試しあれ。Photo by 田代くるみ(Qurumu)

関連記事リンク(外部サイト)

できあがるまで「まだか、まだか」の声が聞こえる常備菜
フライパンでつくる「いろいろきのこのお味噌汁」
オリーブオイルは、お味噌汁をもっと楽しむための工夫でした

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。