体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏だけじゃない。宮崎のたまらない「冷汁」

夏だけじゃない。宮崎のたまらない「冷汁」

だいぶ涼しくなってきたとは言え、まだまだ気温差も激しく、疲れが残りやすい人も多いのではないでしょうか。

南国・宮崎の我が家には、そんな「バテ気味な人」にぴったりな秘伝のレシピがあります。

「冷汁(ひやじる)」です。

郷土料理として知られていますが、簡単に言えば「具だくさんの冷たい味噌汁をご飯にかけていただく」もの。ご家庭でも簡単に作れるので、夏だけじゃなく、定番レシピとしてもぜひ。夏だけじゃない。宮崎のたまらない「冷汁」

分量は2人分です。

・あじ(生)…2尾
・麦味噌…60g
・麦ご飯…お茶碗2杯分
・きゅうり…1本
・木綿豆腐…1/2丁
・みょうが…1本
・小口ねぎ…2本
・すりごま…大さじ2
・冷たいだし汁…400ml

Step01.
具材を切る

夏だけじゃない。宮崎のたまらない「冷汁」

材料を揃えたら、まずは具材や薬味を切ります。

きゅうりとみょうがは薄切り、小ねぎは小口切りに。あじもおろしましょう。豆腐は水を切り、手で崩します。

Step02.
あじを焼く

夏だけじゃない。宮崎のたまらない「冷汁」

あじをグリルで焼きましょう。焼き加減はいつもの焼き魚と同じでOK。

こんがりと焼けたら、身の部分だけをほぐします。あじは小さい骨でも固いものがあるので、骨の取り忘れには要注意。

ちなみに、あじは干物でもいいですし、かますなど他の好みの魚でも代用できます。

Step03.
あじとごま、味噌をあわせる

夏だけじゃない。宮崎のたまらない「冷汁」

冷汁を作るときに欠かせない調理器具があります。それが「すり鉢」と「すりこぎ」。

先ほどほぐしたあじの身とすりごま半量をすり鉢に入れます。夏だけじゃない。宮崎のたまらない「冷汁」

これらを、すりこぎでそぼろ状にしていきましょう。骨を見つけたら、都度取り除きます。あじとごまの香ばしい香りが食欲をそそります。

Step04.
味噌を焼く

夏だけじゃない。宮崎のたまらない「冷汁」
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。