体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東洋占星術をもとにした毎週の占い。10/2-10/8の運勢をチェック!

kyamera

毎日をより楽しくハッピーなものにするために、キラが東洋占星術をもとにアドバイスします。

fortune reading KIRA(http://twitter.com/kineko8

photo Kyozan Ueda

あなたの星の出し方

 
まず、生まれた年の西暦の各数字を、1から10のいずれかになるまで足してください。
次に、11からその数字を引いて出た数があなたの星のナンバーです。

例1976年生まれの場合

1+9+7+6=23

2+3=5

11-5=6

1976年生まれの人のナンバーは6になります。

ただし、1月1日から2月の節分までに生まれた人は前の年の星になります。例えば1976年1月18日生まれの人は1975年生まれとして計算してください。

 10/2-10/8の運勢

1・水の星の人

10月の全体運
強運月です。あなたの良さが認められやすくなっていて、仕事はもちろん、プライベートも休む間もないほど、忙しくなりそうです。借りられるのならば、猫の手も借りたいくらいです。
幸運を招く方角 南西 北東
ご利益フード  魚介のパエリヤ

今週の運勢(10/2~10/8)
心を強く持ちたいタイミングです。今は、さまざまな情報があなたの元へ集まりやすくなっているとき。情報が多いということは歓迎すべきことなのかもしれません。しかしながら、入ってきた情報が全て100パーセント正しいということはないと思います。玉石混交、むしろ、石の方が多いかもしれません。世間の風潮や周りの意見、行動に振り回されて、一喜一憂することは避けた方がベター。何より「ブレない」ことが大切です。あなたの心を乱す人とは、ほんの少しの間、距離を置くのもありかもしれません。兎に角、自分の考えやペースを最優先にするようにしたいです。
5日は気苦労がありそうなものの、それを乗り越えることで、大きく成長できそうな予感。問題に真正面から、あえて、とことん向き合ってみたり、突き詰めて掘り下げてみるのも良いかもしれません。

2・大地の星の人
10月の全体運
交際運の良い月です。やらなければいけないことよりも、ついつい目先の楽しいことに比重を置きがちになりそうです。ライフワークバランス、オン・オフのメリハリを付けるようにしましょう。
幸運を招く方角 南西
ご利益フード  フライドチキン

今週の運勢(10/2~10/8)
忙しくなりそうなタイミングです。けれどもその忙しさは、慌てふためくというネガティブなものというよりも、「嬉しい悲鳴」のような、ポジティブなものである可能性が高そうです。しかし、もしも行き詰まりを感じたり、自分ひとりでは対応できそうにないと思ったら、すぐさま上司や先輩、親など目上の人に助けを求めることが大切です。また、ある特定の分野において、あなたよりも知識や経験がある人も心強い味方となってくれそうです。
7日はラッキーデー。社交運が絶好調で、新しい出会いも期待できそう。身近になかなか良い人がいないという人は、普段のエリアから離れてみたり、ちょっと遠くに足を伸ばしてみるのも良さそう。また、旅行なども楽しめそうです。

3・雷の星の人
10月の全体運
物事の変化が起こりやすい月です。また、それは、自分自身の心はもちろんですが、取り巻く環境や身近にいる人に起こる可能性も高くなっています。
幸運を招く方角 北西
ご利益フード  煮込みハンバーグ

今週の運勢(10/2~10/8)
出会いに恵まれやすいタイミングです。また、人との仲が深まりやすくもなっているようです。恋愛はもちろんですが、同じ趣味や志を持つ仲間や友人ができる可能性も高くなっている様子。固定観念に縛られず、心をオープンにして、行動範囲や視野を広げてみましょう。また、今までやったことがないことにチャレンジしてみるのも良さそうです。身近に経験者がいれば、ぜひレクチャーをお願いしてみてください。知らなかった自分を知ることができたり、隠れた才能のようなものがひょっこり顔を出すようなこともあるかもしれません。
4日は努力の成果が出やすい日。焦らず、気を長く持つことが大切になりそうです。5日はポジティブな姿勢が好印象につながりそうです。7日はスポーツをして身体を動かすと、憑き物が落ちて、気持ちがリセットできそうです。

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。