体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

双子のような年子姉妹。長女の真似っこで次女の手づかみ食べも大成功!

f:id:akasuguope01:20170319003628j:plain

我が家には年子の姉妹がいます。

次女は何をするにも長女の真似をするので、コピーや双子みたいだと言われることが多く、親としては微笑ましく思っていました。

次女の離乳食の時です。順調に進めていたのですが、手づかみ食べをしなくて少し心配に思っていました。私が忙しくて、ゆっくり見守ることができずに食べさせてしまっていたことが原因なのかと思い、どうすればいいのかと悩んでいました。

次女はアレルギーも好き嫌いもありませんでした。順調に離乳食は進みましたが、やはり手づかみ食べはやる気すら起きないよう。そろそろ10カ月になるころだったので、なんとか興味を持たせて、自分で食べられるようにして欲しいと工夫しました。

まずは、好きなものをいれておやきを作ったり、赤ちゃん用のお菓子で練習させたりしました。しかし、まったく上達はしません。

そこで、これも長女の真似をさせてみようと思いつきました。長女の真似が好きな次女です。きっと食事の仕方も真似してくれる…と。

さっそく食事にときに次女を長女の向かいに座らせてみたところ、すぐに長女をまじまじと観察。長女は当時2歳だったので遊び食べもなく、こぼしはするものの上手に食べていました。

そんな長女の食事の様子を見て、やはり真似しだしました。 関連記事:いつも米まみれ…。手づかみ食べ期のおにぎり問題、解決策はコレ! by いそめしちかこ

作戦開始から数日後、次女の目の前に手づかみしやすい離乳食を出すと、ついに集中して手で持ち上げて食べようとしてたのです。まだうまく食べられなかったのですが、とても大きな進歩に見えました。

それからしばらくは、姉妹で毎日向かい合って食事をさせました。

すると、次女の手づかみスキルはみるみるうちに上がり、こぼすことなく口へ運び食べられるようになりました。

作戦は大成功と喜んでいましたが、さらに恩恵が。

長女は遊び食べをしなかったので、次女も遊び食べをまったくしなかったのです。長女が同じ月齢の頃は遊び食べがひどく、一回の食事に時間がかかって苦労していたので、とても楽でした。 関連記事:ひっくり返したり、中身をぐちゃぐちゃにしたり。遊び食べをするのはなぜ?~赤ちゃん学の先生にききました~

年子はほんとうに真似が大好きなので、これはいい作戦だと思います。それからも何か次女に新しいことを教えるときは、長女の前において見て覚えさせています。

いい先生になってくれてありがとうと長女に言いたいです。

f:id:akasuguope01:20170319003729j:plain

著者:雨乃日 晴太郎

年齢:27歳

子どもの年齢:3歳、2歳、5か月

年子姉妹と末っ子長男を育児中の専業主婦。 普段、旦那は変則勤務のためほぼ一人で三児と戦っています。 趣味はサッカー。学生時代はプレーヤーでしたが、現在はJリーグ観戦がストレス解消の一つです。子供達にもサッカーをやらせたいなぁと目論んでいます。 料理もストレス解消と節約のために創意と工夫で日々研究しています!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

離乳食を食べないのは私が怖いせい?楽しい雰囲気作りで摂取量アップ!
「離乳食、少ししか食べてくれない…」と悩んだ私が、「楽しければそれでOK!」と思えるようになるまで
好きだったものすら急に食べてくれなくなる!自由すぎる娘にイライラ限界だった離乳食

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy