体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フィジーの治安は?物価は?フィジー旅行の基本情報まとめ

フィジーの治安は?物価は?フィジー旅行の基本情報まとめ

フィジーは、南太平洋に浮かぶ夢のリゾートアイランド!女子旅、カップル旅行、そしてハネムーンにもピッタリなこの島に「一度は訪れてみたい!」と考えている人も多いのではないでしょうか?

様々なマリンスポーツやビーチアクティビティが満喫できるうえに、フィジーは330もの島に分かれており、アイランドホッピングで手付かずの自然に触れることも可能です。とはいえ、「よく名前は聞くけれど、実際に行ったという人がまわりにいない」代表リゾートがフィジー。

今回は、気になるフィジーの治安と物価について様々な角度からリサーチした結果をお伝えします!

*編集部追記
2017年10月公開の記事に、新たに項目を追加しました。(2018/1/30)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

フィジーに行ってみての感想

photo by pixta

豊かな自然と、南国らしいリラックスした雰囲気が魅力のフィジー。リゾート地としても人気が高く、毎年世界中から大勢の観光客が訪れる場所です。

私がフィジーを訪れたのは初夏の頃で、南半球にあるフィジーはちょうど秋でした。年間を通して温暖で過ごしやすいフィジーですが、特に5月~11月は乾季なので降水量も少なく観光しやすいです。

リゾートならではのビーチはもちろんのこと、熱帯の生き生きとした植物を鑑賞できる植物園、イギリス植民地時代に渡ってきたインド系の人々が建てたカラフルなヒンドゥー教寺院など、ビーチでまったりする以外にも見所満載のフィジー。

現地の人はゆったりとした穏やかな人が多いので、私も自然とリラックスできました。新鮮なシーフードや本格的なインド料理など、おいしいグルメも楽しめますよ♪

 

旅行のルート

photo by pixta

私はフィジーでは、観光客が多く集まっているナンディタウン、人気リゾート地であるマナ島、都会的なスバ、そしてローカルな雰囲気が漂うラウトカを訪れました。

街ごとに雰囲気が大きく異なっており、スバのような物価が高い都会もあれば、ラウトカのような物価がかなり安く地元感溢れる場所もあり楽しかったです。

ナンディタウンは観光スポットへのアクセスも良く、治安もさほど悪くないので、初めて行く方にもおすすめです。マナ島は自然が美しいので、思いっきりリゾート気分を楽しみたい方にぴったりでしょう。

 

おすすめの都市

kumarche naonaoさん(@yamakai0403)がシェアした投稿 – 8月 24, 2015 at 7:40午後 PDT

330あまりの島と珊瑚礁からなるフィジー。珊瑚礁と白い砂浜を求めて世界中から観光客が訪れる大人気リゾート地です。中でもおすすめの島が、フィジーで一番人気のサンゴ礁に囲まれたマナ島。

「マナ」はフィジー語で「霊的なもの」を意味し、「一度訪れた者は再び帰ってくる」、そんな魔法がかけられた「幸福の箱」伝説も残る、神秘的な島として知られています。

美しい海が魅力のフィジーらしく、透き通った海と南国の雰囲気漂うビーチがマナ島の最大の見どころです。

 

治安

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。