体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

無印良品に聞く! ふたりで初めて暮らす部屋のつくり方【実例編】

無印良品に聞く! ふたりで初めて暮らす部屋のつくり方【実例編】

ふたりで初めて借りる部屋。あれこれ夢がふくらむ半面、自分たちにはどんな部屋が合うのか分からないという不安もあるかもしれない。そこで、生活雑貨から家具まで提案する無印良品のアイテムを使った部屋づくり実例を紹介しよう。

リビングがLDKの中心。ダイニングは明るい窓辺に

ご紹介するのは、東京都にお住いのHさん(夫31歳・妻33歳)の40m2の部屋。結婚3年目で2回目の引越しとなる今回、さまざまなこだわりポイントがあったが、そのうちのひとつが「明るいところで食事をしたい」ということだった。

そのため、通常ならキッチン・ダイニング・リビングという並びにするところ、「キッチン・リビング・ダイニング」というレイアウトに。希望どおり、明るい窓辺にダイニングテーブルを置くことになったと同時に、リビングがLDKの中心となった。

そのリビングには、大きな壁面をフル活用して壁面収納を設置したのもポイント。「テレビや本のほか、こまごまとした物は下の引き出しに収納し、お気に入りの雑貨は高い位置にディスプレイして、部屋がスッキリ広く見えるようにしました」【画像1】リビングをスッキリと見せる壁面収納は、この部屋のアクセントにも(写真撮影/片山貴博) 【画像1】リビングをスッキリと見せる壁面収納は、この部屋のアクセントにも(写真撮影/片山貴博)【画像2】念願の明るい窓辺のダイニング(写真撮影/片山貴博)

【画像2】念願の明るい窓辺のダイニング(写真撮影/片山貴博)

キッチンの収納にもこだわりが。「以前の部屋のキッチンは作業するスペースがなくて困っていました。今回の部屋もキッチン自体は小さいので、振り返ったところに作業カウンター兼収納を設けることに。天井までの収納ではなく、キッチンとほぼ同じ高さなので、カウンターが作業スペースとして役立っています」

カウンター下には食器などを収納しているので、カウンター上での盛り付け作業などにも便利。「新婚旅行で買った食器など、お気に入りをディスプレイしながら収納しています。扉のないオープン収納なので、当初はホコリが心配でしたが、使用頻度の高いものばかりなので気になりません。普通の食器棚のように、いちいち扉を開けなくてもサッと取り出せるので、使いやすいですよ」【画像3】作業カウンターも兼ねた、キッチン背面の収納(写真撮影/片山貴博)

【画像3】作業カウンターも兼ねた、キッチン背面の収納(写真撮影/片山貴博)

寝室では、収納を間仕切りとしても活用

6畳の部屋にダブルベッドを置いた寝室。ドアを開けてすぐ目の前に収納があるが、これが収納だけでなく、廊下からベッドが見えない間仕切り、そしてベッドのヘッドボードを兼ねている。

「最初は、入り口近くに天井までの収納があるなんて、邪魔じゃない?と思ったのですが、このワンクッションがあるから便利。廊下から丸見えにならないし、一部をオープンにしているので風も通ります」【画像4】枕に最も近いオープン収納は、廊下側からの出し入れも可能(画像提供/良品計画)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。