体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

無印良品に聞く! ふたりで初めて暮らす部屋のつくり方【応用編】

無印良品に聞く! ふたりで初めて暮らす部屋のつくり方【応用編】

前編「無印良品に聞く!ふたりで初めて暮らす部屋のつくり方【実例編】」では、無印良品のアイテムを使ったHさんの家を紹介したが、今回の【応用編】では「同じ間取りで別のカップルが住んだら」をシミュレーション。自分にぴったりな提案を探そう。

シミュレーションのベースとなるHさんの部屋を軽くおさらい

東京都に住むHさんは結婚3年目のアラサー夫婦。生活サイクルがまったく違うふたりがこだわったのは、一緒の時間を楽しめるプラン。リビングをLDKの中心に設けた「DLK」の反転プランにより、明るい窓辺にダイニングを設けることができた。暮らしの中心となるリビングは、壁面収納ですっきり広々とした印象に。寝室は間仕切りを兼ねた収納で便利さをワンランクアップさせた。【画像1】リビングをすっきりと見せる壁面収納と、明るい窓辺のダイニングが特徴(写真撮影/片山貴博) 【画像1】リビングをすっきりと見せる壁面収納と、明るい窓辺のダイニングが特徴(写真撮影/片山貴博)【画像2】天井までの収納が間仕切り代わりに(画像提供/良品計画)

【画像2】天井までの収納が間仕切り代わりに(画像提供/良品計画)

【シミュレーション1】大きなテレビを置いてホームシアター風に

想定したのは、お互いに持ち物が多く、スッキリしまえるか心配なふたり。「たっぷり収納したい、でも圧迫感を出したくない。大きいテレビを置いて、ふたりでゆったり映画を楽しみたいけれど……部屋はそんなに広くないし、諦めなきゃいけないのかなぁ」という声に対して、無印良品が提案するプランは……?

「リビングの一番幅のある壁に、低い横長の収納を配置してみてはいかがでしょう。高さを抑えることで圧迫感が解消され、重厚な色味の家具も取り入れやすくなります。また、リビングからキッチンまでひと続きにすることで、境界がなくなり、部屋が広く感じられます」

収納は扉つきタイプを選ぶことでよりスッキリとした空間に。その分、こだわりの家具や雑貨が映えるのだとか。【画像3】ホームシアターのようにゆったりと映画を楽しめるリビングに(画像提供/良品計画)

【画像3】ホームシアターのようにゆったりと映画を楽しめるリビングに(画像提供/良品計画)

大きいテレビを置いて映画を……という希望は「家具のレイアウト次第で可能です」。壁面に大きな収納スペースを確保することで「ホームシアターのようなゆったりした空間が生まれます。遮光カーテンを閉めて、白い壁面に家庭用プロジェクターで映像を映してもいいですね。また、ソファを1シーター×2台にすると映画館のような過ごし方ができます」

なんだか家でもデート気分を味わえそうなプランです。【画像4】寝室に置く家具は、シングルサイズより横幅が小さいスモールサイズのベッド2台のみに。2台並べればクイーンサイズと同じ大きさになります。最低限の小物は「壁に付けられる家具」に置き、ベッド以外の家具のない快適な就寝環境に(画像提供/良品計画)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。