体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「お散歩は『徘徊』じゃない」 駄菓子屋も開店!? “管理”しない、高齢者の新たなシェアハウス

高齢者の新たな暮らし方~シニアのシェアハウスを訪ねてみた

自分、あるいは家族が一定の年齢になると、老後の暮らしについて具体的に考えるようになる人も多いのではないでしょうか。内閣府の調査によれば、30年前に比べ、65歳以上のシニアで一人暮らしをしている人が7倍に増える一方、子どもと同居している人は4分の1に減少し、家族の形も様変わりしつつあります。シニア世代の新しい暮らしかたについて、取材をもとに考えました。

管理をしない 高齢者向けシェアハウス「銀木犀(ぎんもくせい)」

株式会社シルバーウッドは、サービス付き高齢者向け住宅を、「銀木犀」の名前で関東各地に展開しています。今回伺ったのは昨年12月に開業した「銀木犀<浦安>」。静かな住宅地にある緑道のそばに位置し、溶け込むように豊かな緑のエントランスが広がります。【画像1】緑に囲まれた建物に入ると玄関の先に、開放的な受付兼執務スペース。子どもに人気の児童書『ぐりとぐら』などの絵本も目に入る(写真撮影/近藤智子)

【画像1】緑に囲まれた建物に入ると玄関の先に、開放的な受付兼執務スペース。子どもに人気の児童書『ぐりとぐら』などの絵本も目に入る(写真撮影/近藤智子)

シルバーウッド代表取締役の下河原忠道さんに、銀木犀の基本的な考え方についてお伺いしたところ、「銀木犀は国土交通省及び厚生労働省の共同管轄下にある賃貸住宅です。店子と大家の関係なので、入居者を管理することはありません。散歩を『徘徊だ』と決めつけませんから、近所のスーパーや、映画に行くのも自由です。ここは『高齢者向けのシェアハウス』なんです」と答えてくださいました。

銀木犀浦安に入居できるのは、65歳以上で、要介護認定を受けているかたが中心。基本的には自宅に住み続けられるのならそれがベストで、自発的に入居してほしいと考えているとのこと。下河原さんは「人は自由にやりたいことをやるのがいちばんだと思っています。個人がそれぞれ持っている個性が生きるような選択肢が、増えればいいですね」と話してくださいました。【画像2】入居者は食堂やフリースペースを使って飲み会やお茶会などをしている。自主的にコミュニケーションを行えるのが銀木犀の魅力(画像提供/シルバーウッド・下河原忠道さん)

【画像2】入居者は食堂やフリースペースを使って飲み会やお茶会などをしている。自主的にコミュニケーションを行えるのが銀木犀の魅力(画像提供/シルバーウッド・下河原忠道さん)

いろんな世代の人が集まる小さな町のような住宅づくり

銀木犀は、地域に根ざすことも重視しています。玄関が解放されているので、だれでも自由に出入りが可能。取材時にも、子ども連れのお母さんたちが、会話に花を咲かせていました。放課後になると近所の子どもたちがやってきて、お年寄りと遊んだり、宿題をしたりします。そのうちに、集まってきた小学生に、ボランティアで勉強を教えたいという大学生があらわれました。地域のいろいろな人が集まり、共生するという銀木犀の目的のひとつが、こうしてかないつつあります。【画像3】「銀木犀まつり」開催時の様子。大勢の子どもが集まって大盛況。入居者もわたあめづくりやかき氷づくりに、たのしく奮闘(画像提供/シルバーウッド・下河原忠道さん)

【画像3】「銀木犀まつり」開催時の様子。大勢の子どもが集まって大盛況。入居者もわたあめづくりやかき氷づくりに、たのしく奮闘(画像提供/シルバーウッド・下河原忠道さん)

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。