体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キティちゃんとスウィーツ界のティファニーがコラボ。日本の「Kawaii」がNYを笑顔にしてる

いくつになっても、やっぱり心ときめくキティちゃん。

そんな大好きなサンリオのキャラクターと、「スウィーツ界のティファニー」と呼ばれる、大人のためのキャンディブティック「Sugarfina(シュガー・フィナ)」が、愛らしいキャンディボックスのコレクション「サンリオはシュガーフィナが大好き(Sanrio Loves Sugarfina)」を生み出しました。

ハローキティの大好物を再現。ママのアップルパイ風味のグミって?

20170930_kitty05.jpg

9月18日(ニューヨーク現地時間)に発売された「Sanrio Loves Sugarfina」。初日は先着25名にサンプルが配布されるなど、さっそく盛り上がっています。

20170930_kitty02.jpg

コラボレーションのメインは、いまや世界的人気、あらゆる世代にファンを持ち、長年愛され続ける我らがハローキティ。

シュガー・フィナは、キティの特徴であるリボンの形をしたストロベリー味のグミや、キティの顔の形をした、キティの大好物、ママのアップルパイ風味のグミを作り上げました。

どちらも限定版リボン型キャンディ弁当ボックスに詰められています。

20170930_kitty03.jpg

「ママのアップルパイ風味…しかもグミで?」半信半疑で試食すると、ほんのり塩味が効いてクセになるおいしさ。シュガー・フィナらしい大人のひねりが効いています。

20170930_kitty04.jpg

かわいらしいボックスにはポップアップが隠されていて、マグネット式のふたを開けるとサンリオキャラクターをあしらったジオラマが飛び出します。

キャンディを食べ終わったら、ボックスはトラベル用の小物入れやペンケースとして利用するのがシュガー・フィナからのおすすめ。

20170930_kitty01.jpg

そのほか、「けろけろけろっぴ」「ぐでだま」「マイメロディ」「チョコキャット」「バッドばつ丸」などの人気キャラクターを使い、それぞれの性格に合ったキャンディを作り上げています。

たとえば、口のなかでパチパチはじけるキャンディが詰まったミスチバスチョコレートポップは、いかにもいたずら好きなばつ丸っぽい。

キティと創始者ロージーの貴重なツーショット

20170930_kitty06.jpg

今回のコラボレーションを祝して、ハローキティや、シュガーフィナの共同創始者でチーフ・クリエイティブ・オフィサーのロージー・オニール氏が登場する開幕イベントが、全米各地で開催されました。

20170930_kitty07.jpg
1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。