体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カトマンズの基本情報と観光スポットまとめ

カトマンズの基本情報と観光スポットまとめ

ネパールの首都にして最大規模となる都市「カトマンズ」は、標高1300メートルに位置するヒマラヤ山脈の中にあります。ネパールの総面積は北海道の2倍弱、そしてカトマンズの総面積は49.45km2となり、東京23区で言うと江戸川区とほぼ同じです。

今回はそんなカトマンズの基本情報と観光スポットをご紹介します。
 

カトマンズの概要

photo by pixabay

首都カトマンズ、パタン、バクタプルの3つを合わせて「カトマンズ盆地」と呼ばれており、このエリア全体が世界遺産として登録されています。政治、経済、行政の中心として発展してきた首都カトマンズは、現在も世界中の観光客をひきつける魅力的な都市です。

ネパールは、インドと中国という二つの大国に囲まれた内陸国であり、両国の宗教、文化の影響を色濃く受けてきました。また、93の異なる言語を持つといわれる100を超える民族が暮らす多民族国家でもあります。

カトマンズ盆地一帯には、主に「ネワール族」の姿が見られます。彫刻、工芸、絵画などの芸術に長けている民族で、カトマンズで見られる美しい建物の装飾は彼ら祖先の手によるものなのでしょう。
 

カトマンズの歴史と特色

ネパールは、中国とインドに挟まれた地理的条件から、漢民族、チベット系民族とインドのアーリア系民族が盛んに往来し、中国、チベットとインドの交易の中継点として栄えてきた歴史があります。しかし、そのほかのエリアにとっては雪に閉ざされたヒマラヤの秘境として詳しく知る人はごく僅かでした。

カトマンズがはっきりと史実に登場するのは15世紀に入ってからとなり、「マッラ王朝」により統一され、自らの王子にカトマンズ盆地の「カトマンズ」「パタン」「バクタプル」の3つの主要都市を任せ競い合わせました。現在もこのエリアに多くの寺院、建造物が残るのはそのためです。

ネパール全体がゴルカ王によって統一されたのは18世紀に入ってからの古都です。その後イギリスの保護国となったり、王政復古により実験を取り戻した経緯を経て、2008年には、王政が廃止されネパール連邦民主共和国が誕生しました。
 

代表的なグルメ

「ダルバート」

どん (Tatsuya Kando)さん(@doncurrydon)がシェアした投稿 – 2017 9月 29 2:57午前 PDT

ネパールで最も一般的な定番メニューで、ここカトマンズでもよく見られます。「ネパール風定食」のようなもので、ダルと呼ばれる豆のスープに、バートと呼ばれるご飯がセットメニューになっています。この組み合わせがネパール人の基本的な食事スタイルです。

「モモ」

Yokkoさん(@misato44ko)がシェアした投稿 – 2016 5月 20 8:46午後 PDT

ネパール料理といえばこのネパール風餃子の「モモ」です。主食としても、間食としてもよく登場する定番メニューです。日本の餃子と具材は変わらず、野菜、肉などになります。

大きな違いは、スパイスをこれでもかというほどたくさん使用することです。クミンやガラムマサラ、チリなどをスパイス爆弾と呼ばれるほどたくさん入れるモモは、病みつきになる美味しさです。

水餃子にしたり、蒸したりと好みの方法で食べますが、日本と異なり焼くスタイルはまず見かけません。

「トゥクパ」

mamiさん(@turquoiseblue.silvermoon)がシェアした投稿 – 2017 1月 14 2:14午前 PST

ネパール風ラーメン、ネパール風煮込みうどんとも呼べる「トゥクパ」は、刺激物の一切入ってないあっさりとしたスープが胃にやさしく、旅路に疲れた体には五臓六腑に沁みわたるよう。

スパイスの刺激に疲れたら、ぜひこのトゥクパを味わってみてくださいね。
 

成田からのアクセス

成田からカトマンズにある「トリブバン国際空港」へは、直行便を運行している航空会社はありません。以下のフライトに代表される乗り継ぎ便のいずれかを利用することが出来ます。
■詳細情報
・大韓航空 ソウル乗り継ぎ 所要時間約12~13時間
・日本航空 ソウル乗り継ぎ 所要時間約12~13時間
・キャセイパシフィック航空   香港乗り継ぎ 所要時間約15~16時間

 

ダルバール広場

photo by pixabay

ダルバール広場とは、王宮前に広がる広場の名称を指しています。王宮を中心として、チベット仏教の寺院ほか、重要な建物が取り囲む町の中心となる場所です。カトマンズ渓谷内のカトマンズ、パタン、バクタプルすべてにダルバール広場があり、それぞれに趣があります。

外国人は、入場料(2017年現在1000ルピー)を徴収されるルールになっています。
 

クマリの館

Masayuki Manabeさん(@fatsurfboyslimslim)がシェアした投稿 – 2017 5月 7 5:52午前 PDT

カトマンズには、今なお「生き神」として崇められる、女神の化身として崇拝される少女がいます。この少女が住む「クマリの館」はダルバール広場にあり、外国人観光客でもクマリの姿を見ることが出来ます。ただしお布施が必要であることを覚えておきましょう。

ヒンドゥー教の女神ドゥルガーが宿り、かつネパール守護神である女神タレージュやアルナプルナの生まれ変わりとされるクマリは、実はネパール全体で数人が選ばれており、カトマンズの「ロイヤル・クマリ」は別格として扱われています。

ロイヤル・クマリは、国の運命に関する予言をするとも言われています。クマリが視線を投げるだけでその人には幸運が訪れると信じられており、クマリの館の窓の下や中庭にはいつも人があふれています。
 

シヴァ・パールヴァティー寺院

旅猿69さん(@tabizaru69)がシェアした投稿 – 2017 9月 15 1:22午前 PDT

18世紀に建てられたシバ神と、その妻パールヴァティーが祀られた寺院です。2015年のネパール大地震後も崩壊を免れ、美しい彫刻が施された窓、そして窓からのぞくシヴァ神とパールヴァティ神はそのまま残されています。

関連記事リンク(外部サイト)

トレッキング初心者の僕が、エベレスト登山に挑戦しようと思った理由
【撮りおろし写真】大地震後のネパールに旅行すべき8つの理由
世界最高峰エベレストの麓に広がるネパールの世界遺産を全部まとめた
本気でハマったネパール料理7選

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy