体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夜も眠れず辛い…慢性的な体の痛みに襲われる“慢性疼痛”

夜も眠れず辛い…慢性的な体の痛みに襲われる“慢性疼痛”
一時的な痛みではなく、慢性的な体の痛みに悩んでいる人が中にはいらっしゃいます。

痛みが酷い場合、夜も眠れなくなり不眠の症状を訴えることもあり、違う疾患も併発してしまう恐れも…。

今回は、長期間痛みが続いてしまう「慢性疼痛(まんせいとうつう)」の原因や治療法について、医師の松本先生に解説していただきました。

慢性疼痛(まんせいとうつう)とは

肩が痛い女性

ケガなどがきっかけになり、原因の場所はすでに治っているのに3カ月、あるいは6カ月以上程度続く痛みです。 

急性疼痛と慢性疼痛の違い 

急性疼痛

手の怪我

原因が存在し、炎症や損傷などがそこ(あるいは関連した場所)にあります。そもそも体を守るための反応であり、痛みを感じてそこを休めるための信号なのです。

その為、気分の変化でも痛みはそれほど変化せず、刺激に対しての痛みの反応は普通です。こうした急性の痛みには鎮痛薬が比較的有効です。

慢性疼痛

神経物質

目に見える原因はすでに治った後か、目に見える原因がはっきりしないことが多いもので、痛みは体を休めるための信号ではなく、痛みそのものが症状です。

こうなると痛みに関係する脳内物質のバランスが悪くなり、神経細胞から疼痛物質が大量に出て、痛みがより強く、より広く、より長く出現する様になると考えられています。

痛みの程度が気分の変化に大きく左右され、過去の辛い記憶や痛みの記憶が痛みをひどくなったり、不眠、疲労、怒りなどで痛みはひどくなりやすく、普通は感じないような程度の刺激にも痛みを感じるのはその為です。

鎮痛剤は効きにくい場合が比較的多いと考えられています。

慢性疼痛の原因

 
痛みの種類

急性の刺激や炎症がきっかけの痛み

・腰痛(原因不明なもの、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄、背骨の骨折など)

・五十肩、肩凝り

・腱鞘炎

・慢性関節リウマチ、変形性関節症

・頭痛

・歯痛

・打撲

・胆石、尿路結石

・痛風

これらの急性の痛みは原因となるケガや病気が治れば消えていくのですが、きちんとした治療をせずに放っておくと、慢性の痛みになってしまうこともあります。

痛みは交感神経と運動神経を興奮させ、血管の収縮や筋肉の緊張の原因になります。その結果血流が悪くなり、痛みを起こす物質が発生します。

普通はこうした反応はすぐに治まりますが、痛みが続くと血流が悪い状態が続き、痛み物質がより多く発生し、血管を収縮させ、悪循環に陥ります。

例えば、変形性股関節症による痛みが慢性化すると、股関節だけでなく、ふくらはぎまで痛くなることがあるのです。

1 2 3次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy