体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プロトラベラーaiaiに聞く!感動を伝える絶景写真の撮り方

アメリカのグランドキャニオン

日常では出会えない景色や感動が味わえる、それが旅の醍醐味でもありますよね。そんな旅先の思い出を素敵な写真として残したいと思う人は多いはず!でも、いざ後になって写真を見返すと「あれ、こんな景色だったかな…?」「実物はもっと綺麗だったはず…」と、あの時の感動や思い出が薄れてしまうことってありませんか?

そこで今回は、旅行の素晴らしさを伝え、一人でも多くの人を旅に誘うことを目的として生まれた職業「プロトラベラー」として活躍中のaiaiさんに、感動が色褪せない絶景写真の撮影方法について、そのテクニックを聞いてみました。

世界中を旅する「プロトラベラーaiaiさん」とは?

ミツバチワークスが定めるプロトラベラーaiaiさんミツバチワークスが定めるプロトラベラーaiaiさん

「プロトラベラー」とはミツバチワークス株式会社が独自に定めた職業のこと。表現力や演出力に優れ、Instagramで圧倒的なフォロワー数を持っていることが条件。現時点では5 名のガールズトラベラーが在籍なのだとか。46800人(2017年9月26日時点)のフォロワーを持つaiaiさんは、プロトラベラーの中でも1番写真に厳しい!と仲間たちに言われるほど、背景や角度にこだわりを持っているのだそうです。写真から、「ハッ」と驚く感動と現地の魅力までもが伝わる、いつまでも色褪せない写真を得意としています。

吸い込まれそうな透明感のある色調と、今にも動き出しそうな躍動感あるaiaiさんの写真を一部紹介します。

沖縄県の波照間島のニシ浜

「場所は、沖縄県の波照間島のニシ浜。安かったので事前に買っておいたパイナップルを浮かべて、単なる綺麗な海の写真ではなく、自分らしい一枚にしました。パイナップルを真ん中ではなく、少しずらしてバランスに気をつけたのがポイントです」

アルゼンチンのサリーナスグランデスという塩田

「アルゼンチンのサリーナスグランデスという塩田。目的地は決まっていたものの、そこで具体的に何をするかは決めていなかったので、長距離バス移動中にインスタで調べて見つけた場所です。本当に素敵な場所だったので、いろんなアングルで写真を撮っているうちに見つけたお気に入りの1枚。海外の人からの反応も◎」

アメリカのグランドキャニオン

「アメリカのグランドキャニオン。こういう山や崖の絶景では、壮大さや高さがより伝わるので必ず人物入りで写真を撮ります。安全にはくれぐれも注意しながら、写真を見ると思わずひやっとしてしまうようなアングルを探しました」

aiaiさんのInstagramをもっと見る

旅先で素敵な絶景に出会うためには?

絶景

aiaiさんのInstagramを覗いてみると、こんなにも素敵な場所をどうやって探しているんだろう?と疑問に思う人も多いはず。実はaiaiさん、事前準備にはInstagramが欠かせないのだと言います。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。