体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「あと5年命をくれたなら、真正の絵師になれた」——北斎の晩年にグッとくる

「あと5年命をくれたなら、真正の絵師になれた」——北斎の晩年にグッとくる

デヴィッド・ボウイの遺作『★(ブラック・スター)』は、とてもクリエイティブな作品だった。新世代のジャズ・ミュージシャンなどが参加したという事実からも、作品の音そのものからも、ボウイには既存のフォーマットを踏襲する気が一切なかったことがわかる。表現者として理想を追い、高みを目指す、圧倒的なエネルギー。そして、アルバムの発売から2日後、ボウイはこの世を去った。69歳だった。

伝説、と呼ばれる人のあり方を考える。
彼らは「死」を人生の主人公にしない。人生をまとめ上げることにも興味がない。ただ駆け抜けるだけ。ボウイは死期こそ悟っていたが、“Lazarus” では《I’ll be free/Ain’t that just like me?》(自由になるんだ/俺らしいだろ?)と歌い、最後まで私たちの美しいロック・スターであり続けた。伝説、と呼ばれる人は、そんなふうに生きぬくのだと思う。

そして、日本にもそんな伝説がいる——ということを、私は知らなかった。

その伝説こそ、稀代の浮世絵師、葛飾北斎だ。

北斎が目指した場所

「あと5年命をくれたなら、真正の絵師になれた」——北斎の晩年にグッとくる『富嶽三十六景 神奈川沖浪裏』
天保1~4年(1830~33)頃 大英博物館© The Trustees of the British Museum. Acquired with the assistance of the Art Fund.

「ああ、北斎ね」。この作品を観れば、誰もがわかるだろう。
では、北斎が何歳のときに『富嶽三十六景』を描いたか、知っている人はどれくらいいるだろうか。

答えは、70歳。

……いや、これも知ってる人は、まあまあいるかも。ちなみに北斎は90歳まで生きました。

では、北斎のこの言葉は知っているだろうか。

七十三才にして稍禽獣虫魚の骨格草木の出生を悟し得たり。故に八十六才にしては益々進み、九十才にして猶其奥意を極め、一百歳にして正に神妙ならんか。百有一歳にしては一点一格にして生るがごとくならん

これは、北斎が75歳のときに出版した『富嶽百景』の自跋(あとがき)だ。わかりやすくすると、こういう感じ。

「73歳で獣、虫、魚の骨格や草木の生える様をつかみ取ることができた。ゆえに、80歳になればさらに進化し、90歳になればその奥義を極め、100歳になれば神の域に達し、110歳になれば、私が描く点も線もすべてが生きたもののようになるであろう」

北斎は、110歳まで生きようとしていたのだ。目指すは「神の域」。それが、画業一筋で生きた、北斎の何よりの願いだった。

北斎、晩年の代表作

「神の域」を目指した北斎は、70を過ぎても、いや、過ぎてからいっそう精力的に画業にとりくんだ。というわけで、その圧倒的なエネルギーを感じる晩年の代表作を3点ピックアップしてみました。「これ、そんな歳で描いたの!?」感、ぜひご堪能ください。


①『富嶽三十六景 凱風快晴』
「あと5年命をくれたなら、真正の絵師になれた」——北斎の晩年にグッとくる

天保1~4年(1830~33)頃 大英博物館 © The Trustees of the British Museum.

これは、北斎が70〜73歳ごろの作品だ。

1820年代後半、妻の死や自身の病気などの苦しい時期を過ごした北斎にとっては、『富嶽三十六景』シリーズは画家としてのキャリアを復活させるきっかけとなった作品だった。

北斎にとって富士山は、大自然の象徴であり、超絶なるものの象徴。それはつまり、崇高なる神であり、超えるべき目標だったといわれている。北斎は富士山に、自分自身の人生を重ね合わせていたのだ。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。