体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

私たちは本当に「生き方」を選べる? ——松陰神社前、味噌、そして人生の話。

私たちは本当に「生き方」を選べる? ——松陰神社前、味噌、そして人生の話。

このテキストは、Airbnb「体験」レポートでお世話になった、カネサオーガニック味噌工房の安部美佐さんへのインタビューだ。

美佐さんは9月1日、Airbnb「体験」の「お味噌作りワークショップ」を行った松陰会館から徒歩4分のところに、初の実店舗『カネサオーガニック味噌工房 松陰神社前』をオープンした。ここでは宮城県の実家で手作りしている発酵食品、お米・大豆、加工食品を販売している。私たちは本当に「生き方」を選べる? ——松陰神社前、味噌、そして人生の話。

当初は、Airbnb「体験」のレポートのみの予定だった。しかし、ワークショップのあとでお店を案内してもらい、話を聞くうちに、私はこれを記事にしようと心に決めた。理由は、Misaさんが今、私たちが「選択」の時代にいることを体現していたからだ。

マリエさんにインタビューさせてもらったときも、日本初のボタニカルブランデー作りをしているmitosayaに取材でうかがったときも、彼らは口をそろえて、生き方を「選択」することについて語っていた。どこで生きていくのか、何をして生きていくのか。インターネットさえあれば都心にいる必要はないこの時代に、自分の価値観がフィットする「居場所」を探していたのだ。

しかし、時代の移りかわりを実感する一方で、私には釈然としない部分もあった。彼らはすでに有名だったり、社会的に成功を収めていたりしている。私のようなサラリーマンを含め、いわゆる一般人が、同じように生き方を選択するのはまだハードルが高いのではないか。本当にそれは、リアルなことなのか。

そんななかで出会ったのが美佐さんだった。美佐さんはかつて広告代理店に勤めていたが、自分の仕事に対して疑問をもつことがあり、実家へ戻った。そこから、家業の農業にとりくんだり、発酵食品を製品化したりするようになった。自分が納得できる生き方を「選択」したのだ。しかしそこにはまだ迷いもある。確証のないなか、ひたむきに生活を営む姿がある。

私はそこに、今この時代のドキュメンタリーがある、そしてそれを残すことに意義があると思ったのである。

前置きが長くなったが、そういうわけで、急遽インタビューを記事化させてもらった。

「農家が製造から販売まで
 全部やることがベース。
 そこから離れすぎてしまうと
 いけないと思ってるんです」

私たちは本当に「生き方」を選べる? ——松陰神社前、味噌、そして人生の話。

——「お味噌作りワークショップ」、楽しかったです。ありがとうございました。

美佐:こちらこそありがとうございました。

——美佐さんは、ご実家は宮城で、ご家族で農業をしていらっしゃいますよね。どういう感じで東京と宮城を行き来しているんですか?

美佐:お店を開く前は月の半分くらいは実家に帰って、糀やお味噌を作ったりしていたんですけど——。

——お店をオープンすると、そこのバランスをとるのがなかなか大変そうですね。

美佐:そうですね。でも、農産物を作っている農家が製造から販売まで全部やる、というのがうちの特徴だから、私が作るところから離れすぎてしまうといけないと思っているんです。そこは忘れないようにしたくて。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy