体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

すぐに真似できる! お金を引き寄せる2つの習慣

すぐに真似できる! お金を引き寄せる2つの習慣

「お金がないから何もできない」「お金のことで将来が心配」など、お金は私たちを常に悩ませる存在。

その一方で、この世には億万長者といわれる人もいるわけで、彼らはお金に心配せず豊かな生活を送っています。

彼らはなぜお金持ちであり続けられるのでしょうか。

そのヒントが書かれているのが『百発百中』(サンマーク出版刊)。

著者の斎藤一人さんと柴村恵美子さんという当代きっての実業家2人が、本書の中でお金を引き寄せる方法を明かしています。

ここでは、2人が明かす「お金を引き寄せる人になるための習慣」を2つ、ご紹介しましょう。

■ケチくさいことは言わない

例えば、高価なものを買ったけれど、壊すのが嫌だからということで使わずにそのままとっておくという人もいるでしょう。

しかし、これはNG習慣。斎藤一人さんいわく、「ケチくさいことを言っているとケチくさいことを引き寄せる」

お金は「もっと稼ぎたい」という意欲の高い人に集まります。

だから、高価なものが壊れてもまた買えばいい、買えるようになるくらい稼げばいいという意気込みを持っている人のほうがお金を引き寄せられるのです。

■「良い見栄」を張る

「見栄を張ることは良くない」というイメージを持っている人もいるでしょう。

ただ、斎藤一人さんは「見栄」について少し違う視点を持っています。それは自分を豊かにするための見栄は「良い見栄」であるということ。

高価なバッグを持ったり、良い靴をはいたりすると、これに似合う自分になろうと、言葉や振る舞いに意識がいきます。

そして、高価なものを身に着けながら、笑顔が素敵だったり優しい言葉を使ったりしていると、さらに豊かな波動が出て、周囲から「なんて素敵なんだろう」と思われるのです。

もちろん、威張るための見栄や借金をしてまで自分を着飾るのは「悪い見栄」です。あくまで「豊かな波動」のために、自分のできる範囲でやってみましょう。

お金持ちでありつづけている2人だからこそ語ることのできる「豊かに生きる秘訣」。

少しでも生活を変えたいという人は、まず今回取り上げた習慣から始めてみてはいかがでしょうか。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

53歳フリーランス、年収は以前の3分の1に…。超ズボラな性格で向き合う「老後不安」脱出ルポ

貯金できる人は知っている「お金が貯まる仕組み」と「支出を減らすコツ」

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。