体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デジタル時計型の防犯カメラはスマホで映像確認

デジタル時計型の防犯カメラはスマホで映像確認

室内にさりげなく防犯カメラを設置したいなら、デジタル時計の偽装タイプが手軽です。IP機能を備えているため離れた場所から映像をスマホで確認できます。遠隔操作も可能です。さらに、暗視撮影や動体検知撮影にも対応と機能が盛りだくさんのデジタル時計型の防犯カメラを詳しく見ていきましょう。

防犯カメラの映像をスマホで確認

サンメカトロニクスのデジタル時計型カメラ「RE-17IP」は、シンプルな置き時計型でどんな部屋にもなじむデザイン。本体のサイズ/重さは163W×38H×80Dmm/216g、電源はDC5Vとなっています。実勢価格は45,360円です。

デジタル時計型の防犯カメラはIP機能でスマホから映像を確認できるだけでなく、解像度などを遠隔操作することも可能。さらに、暗くなると自動的に暗視撮影がオンになります。動態検知モードをオンにすれば、部屋の不審な動きを察知して撮影することも可能です。

撮影のレンズは本体正面にプリントされたロゴ部分に設置。ちょうど「C」の文字の真ん中にレンズが設置されているため、防犯カメラであることに気づく人はいないでしょう。本体上部の右側のボタンを押すと、液晶がライトアップします。

防犯カメラ映像は証拠撮りにも十分

暗くなると自動的に暗視カメラに切り替えるための光センサーは本体背面に設置。このほか、本体背面には「連続/動体検知録画」「赤外線オン/オフ」「IP機能オン/オフ」スイッチが並んでいます。

実際に防犯カメラで撮影した動画をチェックしてみると、フルHD画質で1.5mほど離れたPCの画面もクッキリと映し出していました。証拠撮りなどにも十分な性能といえます。暗闇で自動的に切り替わる暗視モードを試してみると、約50cmほどの距離にある雑誌の文字もハッキリと判読できました。

デジタル時計型カメラの動画解像度は最大1920×1080ドットで、保存ファイル形式はMOV、録画モードは連続/動体検知/暗視となっています。記録メディアはmicroSDカード(最大32GB)です。

関連記事リンク(外部サイト)

防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
監視カメラはアプリをスマホに入れるだけでOK
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
防犯カメラの設置を自力でするための注意点とは
空き巣対策をわずか数千円で実現する方法とは

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy