体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フリーランスをサポートする画期的な取り組み

フリーランスをサポートする画期的な取り組み
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「iction! QUOTE OF THE DAY」。9月27日(水)のオンエアでは、フリーランスで働く人々のサポートを行う一般社団法人「プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会」の取り組みに注目しました。

これまでなかった支援の形を具現化する同協会。その代表理事を務める平田麻莉さんによると、こうした取り組みは、ただフリーランスの方を支援するだけではないようです。

「設立したときから『こういうものを待っていた』という声は連日多く寄せていただいていまして、特に賠償責任保険の部分と、所得補償制度に関心が集まっている実感があります」(平田さん、以下同)

そうしたフリーランスの人の声を集約し、国に届けることができるので、社会保障や税制の部分でも制度変更の参考に役立てて貰えればと語りました。

具体的には、保育の多様化や副業推進、地方創生などいろいろなテーマでプロジェクトを立てているとう平田さん。さらにパラレルワークをしている人の支援も進めています。現在、日本に1122万人いるというフリーランスの中の半分は、会社員をしながら副業しているパラレルワーカー。自己実現や小遣い稼ぎ、キャリア形成など目的は様々ですが、副業はフリーランスの範疇に入るので、賠償責任保証に入ることでリスク軽減することができるといいます。

働き方が多様化する中で、今起きている1つ1つのアクションが、これからの働き方をつくるモデルケースになっていきます。こうした声がアーカイブされることで、1年後、2年後、何十年後の制度改革につながっていくのかもしれません。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。