ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

映画『ターミネーター』の新作、2019年夏に公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ターミネーターが帰ってくる。シリーズ6作目の米劇場公開が、2019年7月26日(現地時間)に決まった。

9月27日(現地時間)、米パラマウント・ピクチャーズが公式に発表した。リンダ・ハミルトンがサラ・コナーを、アーノルド・シュワルツェネッガーがシリーズを象徴するサイボーグを演じる。スカイダンスとジェームズ・キャメロンがプロデュースする。映画『ターミネーター2』(1991年)に続き、ハミルトン、シュワルツェネッガー、キャメロンの3人がチームを組む。

監督は映画『デッドプール』のティム・ミラー。米国内の配給はパラマウント、海外の配給は米20世紀FOXが担当する。

キャメロンとミラーによる原案をベースに、デヴィッド・ゴイヤーとジョシュ・フリードマンが脚本を執筆する。3部作となる予定だ。タイトルはまだ決まっていない。

プロットの詳細も不明だが、キャメロンは『ターミネーター2』に続く話になる、と語っている。

ハミルトンは、1984年公開の『ターミネーター』を含む最初の2作に出演した。コナーはシュワルツェネッガーが演じる殺人サイボーグに追われるウェイトレスを演じた。シュワルツェネッガーは、人類の救世主の誕生を防ぐためにコナーを抹殺する目的で未来から送り込まれてきた。

本シリーズは、2003年に映画『ターミネーター3』、2009年に映画『ターミネーター4』、2015年には映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』が公開されてきた。

新作の公開日となった2019年7月26日(現地時間)には、米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントによるタイトル未定のアニメ作品の公開も予定されている。

カテゴリー : 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。