体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

妊娠して心配性が加速した私。「トキソプラズマ症がとにかく怖い!!!」病に

f:id:akasuguope01:20170226112645j:plain

これは心配性な私が、妊娠中にトキソプラズマ症の不安と戦った日々の話です。

実際、感染はなく、無事元気な男の子を出産しております。

とにかく心配性な私。妊娠中はお腹の赤ちゃんがちゃんと育っているのか、高位破水していないかなど、常に色々なことを心配しながら過ごしていました。

そんな私が特に心配したのがトキソプラズマ症への感染です。

気を付けていなければ日常生活でも感染する可能性のあるこの病気に、私はとても怯えました。

ガーデニングを避けたり、感染の危険性のある生肉や生ハムを口にしないのはもちろんのこと、他の人は気にしていないチーズ類を食べるのも徹底的に避けていました。

にもかかわらず、肝心なところで抜けていた私。「もしかして感染したかも?!」と心配してしまうような場面に3度も遭遇してしまったのです。

1度目は、妊娠発覚直後のことでした。

お正月明けに妊娠が分かったのですが、ふと年末の大掃除の時に庭をきれいにしたことを思い出したのです。子どもが遊んで放置したままになっていた砂遊びスペースを素手で掃除したので、掃除が終わった後の私の爪には砂がたくさん詰まっていました。

もちろん普通にきれいに洗い流しましたが、トキソプラズマ症への感染がないように念入りに手を洗ったかと言われると自信がありません。

しかも夢中で掃除していたので、飛んだ土が口に入ったかもしれない、爪に土が残ったまま物を食べたかもしれないという恐怖がじわじわと湧き上がってきました。

こうなると心配性の人間は止まりません。「そんなわけはない」と思いながらも、大丈夫だという確証がない限り悩み続けることになります。

しばらく悶々と悩んだ結果、私は思い切って先生に相談し、トキソプラズマ症に感染していないかの検査をしてもらいました。 関連記事:妊娠中のトキソプラズマ初感染疑惑で大慌て

2度目は、長男を連れていちご狩りに行った時のことでした。

1度目の教訓から、土いじりをしないことは徹底していたはずなのに、いちご狩りも土いじりに入るという認識が全くなかった私。いちごが大好きな長男といちご狩りを普通に楽しんでいました。

しかし、食べている途中ではっと気が付きました。

「このいちご、地植えだ!」と…。

ウキウキと楽しかった気持ちも一気に冷め、悶々としながらハウスを出たその時、別のハウスから猫が出てきたのを目撃。

「このハウスの土には猫の糞が混じっていたかもしれない」

と思った時の恐怖は言うまでもありません。

さらには、トキソプラズマ症になった方の「それが原因かどうかはわからないが、いちご狩りに行った」という体験談をネット検索で見つけてしまい、「これはもう検査するしかない」と、2度目の検査をお願いしたのでした。

そして3度目は野外イベントの屋台で食事をした時のことです。

2回も検査したのだからもっともっと気を付ければよかったのですが、私は何も考えずに厚切りハムの串焼きを注文してしまいました。もちろん野外で食べる串焼きは格別。

「美味しい美味しい」と食べ終わってから、ふと、「少し生っぽかった??」という思いが湧き上がってきました。

生ハムではないし、本当に生焼けだったかどうかも曖昧だったのですが、そう思ったが最後。心配が止まりません。結果、3度目の検査をお願いすることになったのです。 関連記事:生ハム食べちゃった! 「生ものは注意」と知り大慌て、悶々と心配し続けた妊娠初期

結局いずれの場合も感染はなく、取り越し苦労に終わったわけですが、それでも心配性の私にとっては本当に不安な日々でした。

ただ、無事に子どもが産まれた今となっては、適切に気を付けていれば、あそこまで心配する必要はなかったのだろうなと思います。

f:id:akasuguope01:20170226112708j:plain

著者:りら65

年齢:37歳

子どもの年齢:2歳、7歳

2人の男の子を育てるアラフォーママです。男の子育ては想像していた以上に大変!昔の自分からは考えられないくらい、毎日大声で怒鳴って過ごしています。でもその分、可愛さも人一倍。男の子は小さな恋人って本当だなあと実感する今日この頃です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

鉄剤を服用後6日間も便が出ない!胎動が減ったようでとても心配に
長い入院生活の間、励ましあってきた妊婦仲間たち。30人近くの入退院を見送った by トキヒロ
尿検査の結果は良かったのに妊娠糖尿病疑惑?1日6食の食事スタイルを実践してみた!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。