体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

敷き詰めればマイ駅弁、これでエア鉄旅が盛り上がる

f:id:uralatokyo:20170717110621j:plain

駅弁というのは、どうしてああも心がときめくのでしょう。

新幹線や特急電車に乗る前に駅弁を買うときの、あの高揚感。どれもおいしそうでなかなかひとつに決められない楽しいもどかしさ。いざ車内でふたを開けたときのワクワク。ついでに昼間からぷしゅっと缶ビールを開ける至福。出張ですら一時的に気分を盛り上げてくれる駅弁、それが旅行となればときめきも倍増するというものです。

個人的には、日本の駅弁はビジュアル、種類、味など総合的に判断して断トツの世界一だと思っています。総合力の高さときたらもう、他の追随を許さない断トツ1位だと思います。アニメだけじゃないよ日本!

しかしながら、駅弁を買って旅に出る予定は特にない人も多いことでしょう。

ならば自分で作ってしまおうではありませんか、駅弁的なものを。そして鉄旅気分を少しでも味わおうではありませんか。

駅弁用の箱は100円ショップに売っている

駅弁には「かに一面」とか「牛肉しぐれ煮一面」とか、これぞという一押し食材を全面に敷き詰めたものが少なくありません。あれでいきましょう。せっかくだから肉バージョンと海鮮バージョン、2種類作ってみましょう。

自宅のプラ容器や弁当箱では駅弁気分が半減してしまいますから、まずは駅弁用の箱を入手。100円ショップに売っています。

f:id:uralatokyo:20170717110739j:plain

左は1段重箱、右はお赤飯用の容器です。

容器は紙製のもののほうがいろいろそろっていましたが、それだとちょっとおしゃれすぎて、駅弁ではなく「子どもと公園で食べるランチボックス」。ここは主題をずらさずいきましょう。見た目大事。

ではまず肉系からいきましょうか。

f:id:uralatokyo:20170717110757j:plain

まずご飯を敷き詰めます。ご飯に焦げ目があるのは鍋で炊いたからです、見た目がいまひとつですみません。

f:id:uralatokyo:20170717110815j:plain

まず1/3に鶏そぼろを。瓶詰のものが売っているので、それを使うと便利です。

あらかじめ箸などで米を3等分にしておくと、具がきれいに揃います。駅弁気分を味わうためにも、他の具との境はできるだけきれいにしましょう。

続いて卵。

f:id:uralatokyo:20170717111000j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。