体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冷凍ごはん用に進化した『ジップロック® コンテナー ごはん保存容器 一膳用2個入』と”つくおき”に便利な『ジップロック コンテナー 長方形2個入 480ml/820ml』の使用感をトリプル検証!

 

ごはんや食品の保存にとても便利なプラスチック製保存容器『ジップロック® コンテナー』。そのシリーズからごはん冷凍に便利な『ジップロック® コンテナー ごはん保存容器 一膳用2個入』と汎用性の高い『ジップロック® コンテナー 長方形2個入 480ml/820ml』が登場。もはや簡易容器とは言えないクオリティーに…。

ごはんをふっくら解凍できる工夫がされたコンテナー

ジップロックといえば食品保存袋の代名詞、そしてそのシリーズの中で液状食品などを保存するコンテナー型も非常に人気が高い。今回はごはんの冷凍保存に便利な機能を盛り込んで進化したという『ジップロック® コンテナー ごはん保存容器 一膳用2個入』と長方形で汎用性の高い2サイズの『ジップロック® コンテナー 長方形2個入 480ml/820ml』を検証してみた。発売元は旭化成ホームプロダクツ

 

 

■『ジップロック® コンテナー ごはん保存容器 一膳用2個入』

(290mlサイズ x 2個/縦156×横117×高37mm/33g・希望小売価格 税抜360円・2017年9月1日発売)

 

最大の話題作となりそうな『ジップロック® コンテナー ごはん保存容器 一膳用2個入』。近年は雑菌繁殖による食中毒も問題になっており、ごはんを炊いたらその日食べるぶん以外は冷凍保存という人も多いはず。記者もそう。おひつに入れて保存という手もあるのだが、やはり不安といえば不安なので、どうしても一回使用ぶんごとに冷凍することがほとんど。

その時問題になるのは保存方法。ラップに包むのが最高にコンパクトなのだが、大きさがバラバラになりがちで、冷凍庫の中がごちゃごちゃになりやすい。コンテナーは便利なのだが、温める時にレンジを使用するとべちゃべちゃになりやすいというデメリットと、コンテナー自体が繰り返しの使用で傷むというデメリットがある。

美しい構造にうっとり。

 

そうした問題点を解決したというのが『ジップロック® コンテナー ごはん保存容器 一膳用2個入』。パッケージごと手に取っただけで、何かが違うのに気づく。感触が硬いのである。通常こうしたコンテナー製品は手に取った時に幾らかはくぼむものだが、これは同じような力ではくぼまない。

素材的には本体・フタともにポリプロピレンなのだが、厚く感じる。そして底の部分に凸凹が刻まれており、レンジ解凍時に出る水分がたまる形状。サイド部分にも縦の刻みが入っているのだが、それらが歪みにくくしているのかもしれない。角の部分もしっかり。蓋の方もまたおなじみのジップロック®・ブルーなのだが、他ラインナップと比べエンボスされた部分が強度を高めているようだ。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy