体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

やりすぎ!? W-inds.橘慶太、筋肉をつけすぎて…

やりすぎ!?  W-inds.橘慶太、筋肉をつけすぎて…
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「MUSIC +1」。9月28日(木)のオンエアでは、w-inds.の橘慶太さんをゲストにお迎えしました。

オンエア前日、日本武道館でツアーファイナルを迎えたw-inds。サッシャが「今日は打ち上げ明けの出演で大変では?」と尋ねると「打ち上げは僕が嫌いで…。『打ち上げるくらいやれたのか?』と。ライブ終わったらすぐ帰りますね。僕たちは3人とも行かないです」と答えていました。しかし実は、昨年、w-inds.結成17年にして初めて忘年会をやったそうで「二次会まで行って、ちょっと楽しいと思った自分が恥ずかしいですね(笑)」と照れながら話していました。

そんなw-inds.は9月27日(水)、39枚目のシングル「Time Has Gone」をリリースしました。今回は作詞作曲だけでなく、アレンジも橘さんが手がけています。

「フューチャー・ベースというジャンルを取り入れて…ダンスミュージックというとゴリゴリしたイメージをもたれる人もいると思いますが、ちょっと哀愁が漂うようなダンスミュージックに仕上がりましたね。昔のEDMと違ってヴォーカルも映えますし、踊りの緩急というか、パターンも、増えて。今一番ダンスミュージックが面白いタイミングだなと」(橘さん、以下同)

橘さんが今回特にこだわったというのは“サウンド”。

「サウンドの音数を少なく作って、でも一つひとつの音が単体で成立するように、ごちゃごちゃさせないというのは意識して作りました」

実はトラックダウンも自身で手がけたそうで、ドラムのキック部分は、全パート違うキックを使っているのだとか。

橘さんといえば、バキバキに鍛えた体が以前話題となりましたが、今回、オフィスでできる腹筋の鍛え方を教えてもらいました。

「椅子に座ったときに足を浮かせる。手を肘置きに置き、ヒザを胸に近づけるようによせる。これが下腹部の運動なんです。よく知られている寝転んでやる腹筋が上の腹筋を使ってて、足の方を引き上げるのが下の腹筋を使うんです。後は基本的に椅子に座っている姿勢で、お腹をへこます意識で背筋を伸ばすだけでも腹筋を使えてるので」

また、トレーニングについて「週2回は坂を走ります。自重で体幹を強くするのが世界的に流行っていますね…一時期、100kgくらいのベンチプレスを上げてたんですけど、まあ不評で(笑)。顔と体があってないと言われたり、あと、めっちゃ、ダンスが踊りにくくなるんです。そのときは筋肉があるとパワーがあってダンスが踊りやすいと嘘をついてたんです(笑)」と、カミングアウト(笑)。最近、自重トレーニングで可動域や体幹を意識してから、より踊りやすくなったと話していました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。