体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

建て替え後も9割の住人が再取得を決意。築61年の分譲マンション「四谷コーポラス」とは

建替え後も9割の住人が再取得を決意。築61年の分譲マンション「四谷コーポラス」とは

日本初の民間分譲マンションと言われている、築61年を迎えた「四谷コーポラス」(東京都新宿区)が、建て替えられることになった。大切に住み継がれてきた建物が生まれ変わり、建て替え後もこのマンションに戻ってくるという人が9割を超えるという。取り壊し前に見学会が開催されると聞き、自身もマンションの建て替えを経験したことのある筆者が、その魅力を取材してきた。

割賦(かっぷ)販売、オートロック、管理規約等々、集合住宅の見本のような建物

1956年10月に完成した四谷コーポラスは、鉄筋コンクリートの5階建て。全28戸は広さ約50~75m2と当時としては広い間取りだ。しかも当時は珍しかった「メゾネットタイプ」の間取りが24戸も取り入れられている。1階から入って1・2階を使う住戸や、4階から入って3・4階を使う住戸、4・5階を使う住戸などがあり、共用廊下は1階と4階のみ、2・3階には玄関がないという個性的な設計だ。【画像1】1階と4階にしかない共用廊下(写真提供/旭化成不動産レジデンス)

【画像1】1階と4階にしかない共用廊下(写真提供/旭化成不動産レジデンス)

「当時の大卒初任給が平均1万円の時代に、広い部屋なら233万円という価格設定は、かなり高級な住宅だったと想像される」と見学会で配布された資料にあった。しかも現金での住宅購入が常識だった時代に、売主が信用販売会社である日本信販(現、三菱UFJニコス)という会社だったこともあり、割賦販売での購入を取り入れたのは画期的だった。

建て替え推進委員会の1人である島田勝八郎さんは、新築時には小学生だった。「当時珍しかった洋式のトイレ、廊下の階段脇にはダストシュートまで備えてありました。各戸の玄関は、ドアを閉じると自動で鍵が掛かるオートロック式で、うっかり外に出てしまい、何度も閉め出されたことがあります」とのこと。今では設置されている場合も多いようだが、当時としては斬新な設備を取り入れていた。【画像2】当時は珍しかったオートロック式の玄関ドア(写真提供/旭化成不動産レジデンス)

【画像2】当時は珍しかったオートロック式の玄関ドア(写真提供/旭化成不動産レジデンス)

管理体制も先進的だった。マンションができたのは、1962年の管理組合の設置を定めた区分所有法の施行より前だったが、当初から住民による管理組合が結成され、初めて民間の管理会社による管理が試された。管理費を毎月徴収することなどのルールが決められ、現在の管理規約のもとになるようなものも作成されていた。民間が管理する分譲マンションが数えるほどしかなかった当時、区分所有法をつくるための参考にもされたのではないだろうか。

驚くことに、初めのころは管理人が外出時の鍵の預かり、クリーニングの取り次ぎや荷物の預かりもしていたという。建て替え計画を支援し、販売にも携わる旭化成不動産レジデンスのマンション建て替え研究所の大木祐悟さんは、

「今でいうコンシェルジュサービスですね。現在の分譲マンションの原型だと考えられます」と話す。

間取りや設備など細部に当時の工夫が活かされた集合住宅

見学会では、3戸の部屋を中心に室内を見せてもらった。なかには、新築時に近い状態のまま残されている部屋もあった。60年以上も大切に住まわれてきたと思うと同じような古い建物に住み、建て替えを体験したものとして感激もひとしおだ。

メゾネットは階下から階段を上がるタイプと階上から階段を下りるタイプが用意され、2階と3階には外廊下がない。そのため玄関のない階は東西に開口部が大きく開かれた開放感のある間取りになっている。四谷コーポラスの翌年にできた代官山コーポラスも内見したことがあるが、そちらでも同じ造りが取り入れられていた。「コーポラス」※の特徴でもあるようだ。

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。