体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「風情ある」以外の切り口が、花火大会にあってもいいんじゃないかと思った話

「風情ある」以外の切り口が、花火大会にあってもいいんじゃないかと思った話

19歳のころ、春期の1セメスターだけ交換留学に行った。行き先は、カナダ・バンクーバー。

異国での4ヶ月。もちろんいろんなことがあったのだけれど、今でも鮮明に覚えているのが、イングリッシュ・ベイで行われた花火大会、通称『Celebration of Light』だった。

正式名称は『Honda Celebration of Light』。もとは『Symphony of Fire』という名称でスタートしたこのイベントは27年にわたって開催されており、海の沖合で開かれる花火大会としては、もっとも長い歴史をもつといわれている。世界的にも有名な花火大会だ。

しかし、ホストマザーに「楽しいから行ってきなよ」と言われ、学校の友達とイングリッシュ・ベイに向かう道中、私は「はいはい、花火ね」くらいにしか思っていなかった。

日本生まれ、日本育ちの私が思い描く花火大会は、ヒュ〜と上がって、ドン!と広がって、みんなが「わぁ」って言って……うん、それで? という感じ。それが夏の風物詩だ、風情だという文脈は日本人としてもちろん理解できる。けれど、それがひと夏に何度も続くとなると、何度感傷にひたればいいんだという気持ちにもなった。

適当に10分くらい観たらあとは友達と遊ぼう——そう考えていた私が、まさか30分以上ずっと花火を見上げ、しかも大興奮するとは、その時は想像していなかった。

花火って、
エンターテインメント!

じつは、『Honda Celebration of Light』はただの花火大会ではなく、花火のコンペティションだ。競い合うのは国同士。3晩にわけて行われ、1晩につき1国がパフォーマンスする。イングリッシュ・ベイの夜空を舞台に、花火と音楽という演出を使い、一大エンターテインメントショーが繰り広げられるのである。

私が観に行ったのは、カナダのパフォーマンスの日だった。テーマは「Attack」。詳しい構成はもう忘れてしまったが、ゴジラのテーマに合わせて花火がアグレッシブに打ち上げられていく様子も、そしてそれに見入る観客も、私が想像していた「花火大会」とは真逆のものだった。まるでスポーツ観戦をしているかのように興奮し、映画を観ているかのように感動し、立派なエンターテインメントとして成立しているさまに、ただただ圧倒された。

……というのも、もう9年前のことである。なぜ突然そんなことを思い出したのかというと、ハウステンボスで行われる花火大会が、もしかしたらそれに近いんじゃ?と思ったからだ。

こういうの、観たかった

11月4日(土)に行われる『スーパーワールド花火』は、「花火で世界旅行を楽しもう」をテーマに行われる花火大会だ。

日本初上陸の巨大仕掛け花火が上陸するとか、花火で世界一周を体験できるとか、15,000発打ち上げられるとか、売りはいろいろある。あるのだが、やはり私が推したいのは「ショーが練られている」という点だ。

詳しい構成はもちろん当日までおあずけ(私も知りません)。けれど、世界各国の特徴を花火と音楽で表現する、という情報を聞くかぎり、とても頼もしい演出のように思う。ヨーロッパはクラシック音楽を、アフリカはアフロビートやサルサ、ルンバを、オセアニアはアボリジニなどの先住民音楽を使って、それを花火と融合し、ストーリーに仕立て、ワールドツアーを実現する。

ちゃんと、ショーが構成されている花火大会なのだとわかる。

テレビだってラジオだって舞台だって、ちゃんと脚本あるじゃん。小道具だって音楽だって用意するじゃん。ひとつのショーを作り上げるために構成を練る、というのはごく当たり前のことなのに、なぜ日本の花火大会は「風情」に頼りきりだったのだろう? ……という疑問を解消し、その突破口になってくれそうな気がしているので、『スーパーワールド花火』、私は期待しています。「風情ある」以外の切り口が、花火大会にあってもいいんじゃないかと思った話

【開催概要】

 正式名称
 スーパーワールド花火
 
 開催日時
 2017年11月4日(土)
 19:30~21:00(予定)

 会場
 ハウステンボス
 ロッテルダム会場花火観覧エリア(有料イス席・マス席)
 ウォーターマークホテル前花火観覧エリア(有料イス席)
 ※メキシカン・キャスティーリヨはロッテルダム特設会場内で開催のため、他の会場からは観覧不可

Licensed material used with permission by ハウステンボスPR事務局

関連記事リンク(外部サイト)

【本日と明日開催!】「小さな隅田川花火大会」がめちゃくちゃ気になる!
「切ない!」「素敵すぎる!」あの花火大会のポスター、一体誰が作ったの?
夏が恋しくなる、インスタグラマー「kei7474」の花火

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。