体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中島みゆき、「慕情」が全国有線リクエスト1位獲得! 慕情川柳キャンペーンもスタート!

ドラマ劇場『やすらぎの郷』の主題歌となっていた中島みゆきのシングル曲「慕情」が、全国有線音楽放送協会調べによる“全国有線リクエスト”(集計期間9月9日~15日)で第1位に輝いたことを記念して、9月29日より『慕情川柳 キャンペーン』をTwitterにて開催する。キャンペーンは、“中島みゆきの「慕情」を聴いたあなただからこそ書ける心の唄を川柳で募集”というもので、長年連れ添った相手に伝えたい感謝の気持ちや、普段は照れくさくて言えそうにない気持ちなどを詠った川柳の投稿を呼びかける内容となっている。最優秀賞1名、優秀賞1名、佳作3名に豪華賞品がプレゼントされ、最優秀賞にはYamahaスピーカー・アンプセットと、JTB旅行券(5万円分)が贈られるという豪華な内容。応募はヤマハミュージックコミュニケーションズ公式アカウントをフォローの上、ハッシュタグ「#慕情で川柳」をつけてツイートすることで可能とのことなので、詳しくはキャンペーン特設ページをチェックしてほしい。
中島みゆき (okmusic UP's)

「慕情」はドラマ劇場『やすらぎの郷』の監督を務める倉本聰からのオファーを受けて中島みゆきが心を込めて描き下ろした、やさしくも温かい眼差しで人生を歌い上げた愛の唄。同曲は、万葉集の三大構成の一つ“相聞歌(そうもんか)”=“恋歌”が由来となった11月22日リリースのアルバム『相聞』にも最後に収録されており、まさに「慕情」こそが、アルバムを代表する“恋歌”になっているという。「慕情」で歌われる“限りない愚かさ”と“限りない慕情”の二つの感情が、『相聞』収録曲全10曲を通して色々な視点で表現されたアルバムの発売が待ち遠しい。

また、『相聞』のリリースと同じ日に中島みゆきのサウンドプロデューサーである瀬尾一三のアルバム『時代を創った名曲たち~瀬尾一三作品集 SUPER digest~』が発売。1969年のJ-POPの黎明期から仕事始め、現在に至るまで現役の編曲家・音楽プロデューサーとして日本の音楽シーンを「編曲(アレンジ)」で支えてきた巨匠の2枚組み名曲集。中島みゆきの「糸」「空と君のあいだに」の大ヒット曲を含む全26曲が収録されるとのことなので、こちらも楽しみにしていてほしい。

■中島みゆきシングル「慕情」キャンペーン特設ページ

http://www.yamahamusic.co.jp/bojosenryu/

■ヤマハミュージックコミュニケーションズ公式Twitterアカウント

https://twitter.com/YMC_harajuku
シングル「慕情」
2017年8月23日発売

YCCW-30064/¥1,000(税抜)

<収録曲>

1. 慕情

2. 人生の素人(しろうと)

3. 慕情(TV-MIX)

4. 人生の素人(しろうと)(TV-MIX)

■Amazon(特典あり)

http://www.amazon.co.jp/dp/B072K4Y3HJ/

■Amazon(特典なし)

http://www.amazon.co.jp/dp/B071WVTXBW/
アルバム『相聞』
2017年11月22日発売

YCCW-10315/¥3,000(税抜)

<収録曲>

1. 秘密の花園

2. 小春日和

3. マンハッタン ナイト ライン

4. 人生の素人(しろうと)

5. 移動性低気圧

6. 月の夜に

7. ねこちぐら

8. アリア – Air - *2016年 平原綾香への提供曲のセルフカバー

9. 希(ねが)い

10. 慕情

■Amazon(特典あり)

http://www.amazon.co.jp/dp/B075JCKM7N/

■Amazon(特典なし)

http://www.amazon.co.jp/dp/B075K9SLJL/
アルバム『時代を創った名曲たち~瀬尾一三作品集 SUPER digest~』
2017年11月22日発売

YCCW-10313~4/¥3,241(税抜)

<収録曲>

■Disc-1

1. 落陽(1973)*AL『LIVE’73』より/よしだたくろう

2. 22才の別れ(1974)*AL『三階建の詩』より /かぐや姫

3. 岬めぐり(1974)/山本コウタローとウイークエンド

4. 白い冬(1974)/ふきのとう

5. 我が良き友よ(1975)/かまやつひろし

6.『いちご白書』をもう一度(1975)/バンバン

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。