体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【前期で失敗した学生必見】後期から学生生活をエンジョイするための極意は?

大学生 失敗 トミヤマユキコ キャンパフライフ 学生生活 大学生 失敗 トミヤマユキコ キャンパフライフ 学生生活

そろそろ10月。大学生の皆さんは、夏休みも終わって後期から始まる学校がなんだか面倒だと感じている人もいれば、「後期こそ、大学生活を楽しみたい!」と息巻いている人もいるのでは。前期はクラスにうまく馴染めなかったり、キャンパスライフを楽しめなかったならば、後期から仕切り直していいスタートを切りたいものです。

そこで、『大学1年生の歩き方 先輩たちが教える転ばぬ先の12のステップ』(左右社)の著者であり、早稲田大学文化構想学部助教を務めるライターのトミヤマユキコさんにお話を伺いました。

 

張り切りすぎるな! 軽めのイメチェンで新しい自分をつくるのも○

大学生 失敗 トミヤマユキコ キャンパフライフ 学生生活

――早速ですが、後期からうまくスタートダッシュを切るためにはどうしたらいいでしょうか。

まず、「張り切りすぎるな!」ということを真っ先に伝えたいですね(笑)。努力することは大事ですが、あまりにも張り切りすぎると、それが空回りして、周りと温度差が生まれてしまいます。いきなりテンションの高い人に近づいて来られれも、周りはそのエネルギーを受け止めきれないじゃないですか! だから、張り切りすぎず、徐行運転でいきましょう。

――なるほど(笑)。たしかに頑張りすぎると、逆にうまくいかないかもしれません。

あとは、心機一転して新しいスタートを切ろうと思っても、今までの自分の考え方とか生活習慣に引きずられてしまうことってありますよね。そんな人は、軽くイメチェンして見た目を変えたり、簡単な部屋の模様替えにチャレンジしてみることをおすすめします。

私の両親はめがね屋を経営しているのですが、今までと違うタイプのフレームにしたら、急に性格が明るくなったりするお客さんって結構いるんですよ。見た目を変えることで性格もある程度変わると思います。服やメイクを変えるのが大変だったら、部屋に新しい家具を置くとか、そんなことでもいいんです。何かを変えることによって、新しい自分にモードチェンジしてみるといいかもしれないですね。

 

やりたいことがある人は図々しく! 自分から発信していくことが大切

大学生 失敗 トミヤマユキコ キャンパフライフ 学生生活

――では、具体的にやりたいことや目標がある人の場合は、後期からどのように過ごしたらいいでしょうか。

まずやりたいことがあったら、図々しくなるというのがすごく大事(笑)。私の教え子の中には、マスコミ志望の学生さんが多いんです。おそらく、そういう夢をもった子たちは潜在的にはものすごくたくさんいると思うのですが、全員の希望が必ずしも叶うわけではないですよね。しかし、その中でもマスコミから内定をもらったり、就職せずにいきなりフリーランスのライターになるような子は、いい意味で全員図々しいです。

たとえば授業の後に、「雑用でいいので、出版社のアルバイトの仕事ありませんか?」「誰か紹介してくれませんか?」と言いにきたり、わたしが出演するトークイベントの打ち上げにちゃっかり参加したり(笑)。もちろん、アプローチされたからってすぐに仕事を紹介できるわけではありませんが、何かのタイミングで、「あ、そういえば、興味があるって言ってたな……」と思い出して連絡をとる確率は高まります。

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。