体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デキる人は「紙一枚」ムダにしない――Word(ワード)でページを削除する方法

Word(以下、ワード)で作成した文書を印刷すると、不要な空白ページができてしまうことはないでしょうか。

特に困るのは、会議の資料を何十部も印刷した後。すでにホチキス留めもしてしまい、上司から「紙代がムダになる」と注意された方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、ページの最後に表を入れた時に「空白ページが削除できなくて困る」という声もよく耳にします。

これは、ワードの性質上避けられないことです。パソコンの画面上では、ワードを印刷レイアウト表示にしていれば、ページごとに区切られているように見えます。しかし、ワードには明確なページ数の概念がなく、1ページの文字数の入力上限を超えると、自動的に次のページが生成されます。また、ワードにはページ番号を指定して削除する機能がありません。

この記事では、ワードのページ削除の基本操作、余分な空白ページの削除方法をご紹介します。「紙1枚」ですらムダにしない、スマートな資料づくりを目指していきましょう。

※本文に記載した設定方法はすべてOffice2013の操作です。

f:id:junko_one:20170928173239j:plain

ワードでページ削除を行う際の基本的な操作

不要なページを削除したいときは次の手順で行います。ワードのページ数が少ない時は下記の操作が良いでしょう。
削除したい文章(またはページ)の先頭にカーソルを持っていき、ページ左側の余白をドラッグして削除したいを選択します。※同様の操作は、[Shiftキー]と矢印を押しながら行うこともできます。 [Backspaceキー]もしくは[Deleteキー]を押すと、選択された行が削除されます。それに伴いページも一緒に削除されます。

複数のページをまとめて削除する場合の操作方法

一気に複数のページを削除したいときは、以下の3つの操作を試してみてください。削除したいページ数が多く、手動で選択するのが面倒な場合に向いている操作方法です。

ここでは、「30ページあるワード文書の11~18ページ目を削除したいとき」を例にして手順を説明します。

操作1、まずは削除したい始めのページ(ここでは11ページ目)に移動する

※すでに削除したいページに移動している場合、この操作は不要です。
[F5キー]をクリックします。 「検索と置換」というダイアログが開きます。「ジャンプ」タブの「ページ番号」欄に「11」と入力し「ジャンプ」をクリックします。

「検索と置換」というダイアログが開きます。「ジャンプ」タブの「ページ番号」欄に「11」と入力し「ジャンプ」をクリック

これで11ページ目の先頭に移動することができます。

操作2、削除したい範囲を選択する

削除したい最初のページ(ここでは11ページ目)の先頭にカーソルを合わせ、[F8キー]を押します。すると、「拡張選択モード」という、クリックするだけで範囲を選択できる状態になります。 [F5キー]を押すと、「検索と置換」のダイアログが開きます。 この例では11ページ目から18ページ目までを選択したいので、「ジャンプ」タブにある「ページ番号」の入力欄に「19」(削除したいページ番号 + 1の数)を入力して「ジャンプ」をクリックします。 すると11~18ページ目がすべて選択された状態になります。

ページ削除したい範囲を選択する

もし選択範囲を間違えた場合などは[Escキー]を押しましょう。「拡張選択モード」を解除することができます。

操作3、選択した範囲を削除する

[Backspaceキー]もしくは[Deleteキー]を押して削除しましょう。

不要な空白ページがあるケースと対応

ワードで文書を作成すると、不要な空白ページができることはないでしょうか。

不要な空白ページができるケースは主に下記3つのいずれかです。

「1、文章の最後にある空の段落」

「2、任意指定のページ区切り」

「3、セクション区切り」

それぞれの理由ごとに不要な空白ページを削除する方法をまとめてみました。

なお、操作を行う前に「ホーム」タブにある「編集記号の表示/非表示」ボタンをONにしておくと良いでしょう。上記3つは、通常は目に見えない状態になっているため、編集記号を表示させておくと原因と対応がしやすいためです。

事前準備:操作を行う前に「ホーム」タブにある「編集記号の表示/非表示」ボタンをONにする

「ホーム」タブの「段落」欄にある「編集記号の表示/非表示」で切り替えを行うことができます。(下記イメージの赤枠内です)

「ホーム」タブの「段落」欄にある「編集記号の表示/非表示」で切り替える

ケース1、空の段落による空白ページを削除する

文書の最後が空の段落のみだと空白ページに空の段落が表示されます。 空の段落記号にカーソルをあて、[Deleteキー]で削除しましょう。

ケース2、任意指定のページ区切りによる空白ページを削除する

ページ区切りを設定すると「…改ページ…」と空白部分に表示されています。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。