体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

炊き込まない鯛めし?愛媛名物「鯛めし」をフカボリしてみた

f:id:Meshi2_Writer:20170921180552j:plain

といえば、めでたい

この語呂合わせを、日本人は古くから大切にしてきました。結婚式などの祝い膳、クラシックなスタイルでは尾頭(おかしら)つきの鯛は欠かせません。鯛を辞書で引けば「魚類の王」なんて称されるし(大辞林)、優勝した力士が手にするのはおなじみの光景。ビールでおなじみ、恵比寿様が抱えているのも鯛。ことわざにも「エビで鯛を釣る」なんてありますし、さらには「腐っても鯛」! 腐ってまでも捨ててはおかれぬというのがすごいですね。かくも日本で愛されてきた魚、それが鯛。

鯛を使った料理もいろいろあるわけですが、今回はその中から「鯛めし」をフカボリしてみたいと思います。

f:id:Meshi2_Writer:20170922072903j:plain

さて、みなさんの鯛めしイメージってどんなんでしょう? こんな感じで、土鍋に鯛がまるごと入った炊き込みスタイルが一般的でしょうかね。

(ちなみにこの土鍋の鯛めし、冒頭の鯛を使って炊き込んでみました。山口で獲れた花鯛という鯛です)

鯛めしは、瀬戸内エリアでは定番の料理。中でも愛媛県ではおなじみの料理です。ちなみに愛媛県は養殖マダイの生産量が日本一、なおかつマダイは県魚にも指定されているんですよ。

その愛媛県には、実は2バージョンの鯛めしがあるんです! ご存知でした?

f:id:Meshi2_Writer:20170920051354j:plain

県西部・宇和島地方の鯛めしは、刺身を卵黄入りのタレに漬けて食べるもの。試してみれば、炊き込みスタイルとはまた別の魅力があって実においしい。

この漬けダレ、醤油にみりんを加えて甘めにしたものが基本スタイル。「郷土料理は作る人の数だけレシピがある」は私の持論ですが、家によりお店により、微妙にタレのレシピは異なります。お酒を加える人、砂糖を入れてしっかり甘くする人、たまり醤油を使って風味濃厚にする人もあります。

今回は、家で再現する場合のいちばん簡単なやり方を紹介しますね。

f:id:Meshi2_Writer:20170920111327j:plain

卵の黄身が入るのがなんといってもポイント。これによって刺身とタレの絡まりがよくなります。「刺身といえば醤油とワサビ」な人は、「白身魚を甘めの醤油、しかもプラス卵黄……?」「いやいや、刺身はやっぱりシンプルに食べたい!」と思われるかもですねえ。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy