体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お茶はポストに投函する時代です

お茶はポストに投函する時代です

「今の人って忙しすぎて、息するのすら忘れてるのよ」

と言ったのは先日参加したヨガ教室の先生だけど、そんな目まぐるしい現代人の生活にこそ、一服する時間が大切だ。それを“日本茶”を通して伝えようとしているのが、「VAISA」というチーム。しかも、VAISAの日本茶、ポストから送ることができるのだ。そーんなことしたらポストの中、ビタビタになるって? 大丈夫。乾燥茶葉10グラム入りの、個包装だ。そんなことより、この日本茶について、VAISAについて、知ってほしいことがありすぎる。忙しいとは思うけど、ちょっとだけ、一服しようじゃないの。日本茶で。

というか、パッケージが変。

VAISAの日本茶、ポストに投函できるなんて素敵だし、他にもいろいろお伝えしたいことがあるんだけど、その前にまずこの違和感を解消しておきたい。パッケージのイラストが、なんかおかしい。

チャンネーとサーフィン。お茶はポストに投函する時代です

 

チャンネーとキャンプ。お茶はポストに投函する時代です

 

チャンネーとスケボー。お茶はポストに投函する時代です

シチュエーションは普通だよね。でも、登場人物の時代設定がおかしいの。明らかにおかしいの…。

なぜに、江戸?

お茶はポストに投函する時代です

このキャラクター、その名を「バイサくん」というそうな。名前のまんまだけど、VAISAのイメージキャラクターだとかで。

「江戸時代に、当時は高級品だった日本茶を禅の教えとともに庶民に振る舞った商人がいて、その人を“売茶翁(ばいさおう)”といったんです。この人物の取り組みがVAISAのルーツ。バイサくんは“現代の売茶翁”となるべく、人と会話する時間、価値ある時間の大切さを伝えようと、全国を巡り日本茶を売り始めたんです」

とは、VAISAチーム談。

「バイサくんは日本茶へのこだわりがとても強く、こぼしてしまったり、苦くなってしまったときは怒鳴り散らします。渋めより甘めの日本茶が好き、だけどエナジードリンクも好き…」

うん。いろいろ突っ込みたいけど、今回は時間がないのであえてのスルーだよ。もうひとつ、すごく気になっていることだけ聞いておこう。もしかして、バイサくんのお隣りにいるのは…。

「まいこさん。昔旅人に日本茶を振る舞っていたという水茶屋の茶立女です」

 やたらカッコいい名目背負って全国巡り。…のついでにデイトかよ。(嫉妬)それにしてもバリエーション豊かなシーン設定。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。