体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポスタルコ創業者が考える「物をもたない生活」

ポスタルコ創業者が考える「物をもたない生活」
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「Cosme Kitchen ORGANIC CONCIERGE」。9月27日(水)のオンエアでは、「POSTALCO(ポスタルコ)」創業者でプロダクトデザイナー、マイク・エーブルソンさんのお話を伺いました。

ポスタルコはアメリカ人のエーブルソンさんと、日本人の奥様が、もともとニューヨークで立ち上げたオリジナルのステーショナリー、バッグなどのブランドです。この日は、エーブルソンさんの“物をもたない生活”について伺いました。

「最近、物を減らしたいと思っています。少なくもちたい。なので買い物をするときは真剣に考えます」とエーブルソンさん。特にお気に入りは、小さな専門店。専門店は“学校”のようだと語ります。

たとえばミラノにある刃物屋さんに入ったとき、エーブルソンさんはキッチンナイフを探していたそうですが、ものすごい量のキッチンナイフが並んでいて、どれがいいのかわからなかったそう。そこで店員さんに相談することにしたエーブルソンさん。何に使うか、どのくらいの重さがいいかなどひとつずつ洗い出していくと、店員さんがいろいろナイフを提案してくれたのだそうです。そのプロセスの中で、素材やかたち、歴史についていろいろと知ることができ、学校みたいだと感じたと言います。

「物を買うとき、私は(店員さんに)たくさん聞くんですが、そのプロセスがすごく好きなんです。専門用語が出てくるし、物はお煎餅でも、クツでも、ヒモでもなんでもいい。とにかくそのプロセスが面白いです」(エーブルソンさん、以下同)

また、伝統的なものについても、「たとえば和紙がある・ないで、国や文化ができることが全然違ってくる。図面を書いたり、思っていることを書いたり…なので紙は当時、すごいテクノロジーだったと思います。漆も、木のお椀に塗るだけで長い間使えるようになります。それは、現代でスマートフォンが生活を変えたのと同じこと。そういう伝統的なものを考えながら、自分が買い物をするときは、何が大事かを考えます。安いものでいい時もあるけど、専門店に寄って(高いけど意味のあるものを)買う、そうやってその店も応援する、そういうこともしたいなと思っています」と、「your dollar is your vote」(あなたのお金は投票と同じ)という言葉を紹介してくれました。

この考えに「すごく大事」と共感を示す、クリス智子でした。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。