体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フレデリック、ツアー追加公演に新木場2デイズ開催 &「TOGENKYO」MV公開

2017年11月より全国ツアー『フレデリズムツアー2017〜ぼくらのTOGENKYO〜』をスタートするフレデリックが、各公演のソールドアウトを受けて、2018年1月13日&14日に新木場STUDIO COASTにて追加公演を行なうことを発表した。チケットは10月18日にリリースするミニアルバム『TOGENKYO』購入者を対象に最速先行予約を実施し、予約情報や申し込みにあたって必要なシリアルナンバーを記載したチラシがCDに封入されるとのこと。また、ツアータイトルも“ぼくらの”から“みんなの”と変わっており、リリリピート公演ならではの演出が期待できるだろう。
フレデリック (okmusic UP's)

また、『TOGENKYO』のタイトルチューンになっている楽曲「TOGENKYO」のMVがA-SketchのYouTube公式チャンネルにて公開された。今作のMVは、錚々たるアーティストのMVを数多く手がけてきた山口保幸監督を迎えて、どこか80’sの空気も感じられる蛍光管(ネオン管)のみで作られた夢の世界がテーマとなっている。フレデリックのMVで今や定番となっている謎の美少女に加え、今作ではボーカル三原健司が歌唱シーン以外にも初挑戦! 曲が進むにつれ少女の感情とバンドショットの疾走感がどんどんリンクしていくという、エモーショナルなものとなっているのであわせてチェックを。
『フレデリズムツアー リリリピート公演〜みんなのTOGENKYO〜』

1月13日(土)  東京・新木場STUDIO COAST

1月14日(日)  東京・新木場STUDIO COAST
「TOGENKYO」MV

https://youtu.be/OfBd8kxo4mQ【山口保幸監督 コメント 】

どこかアジア的で中毒性のある楽曲は聴いてすぐに大好きになりました。MVは楽曲の高揚感とフレデリックの魅力をエモーショナルに見せる事を目指しました。コンセプトは「TOGENKYO」求めて蛍光管で作られた世界を出演者が彷徨うというものです。その過程で生まれる焦燥感や高揚感みたいなものを描きたいと思いました。
【ライヴ情報】
『フレデリズムツアー2017 QUATTRO編 ~僕のTOGENKYO~』

10月21日(土) 愛知・名古屋 CLUB QUATTRO ※SOLD OUT

10月22日(日) 大阪・梅田 CLUB QUATTRO ※SOLD OUT

10月25日(水) 東京・渋谷 CLUB QUATTRO ※SOLD OUT

『フレデリズムツアー2017 〜ぼくらのTOGENKYO〜』

11月11日(土) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM

11月12日(日) 香川・高松festhalle

11月19日(日) 北海道・札幌FACTORY HALL

11月25日(土) 石川・金沢EIGHT HALL

11月26日(日) 長野・松本Alecx

12月02日(土) 福岡・DRUM LOGOS

12月03日(日) 広島・CLUB QUATTRO

12月08日(金) 宮城・仙台RENSA

12月09日(土) 新潟・NEXS NIIGATA

12月16日(土) 大阪・Zepp Osaka Bayside

12月17日(日) 愛知・名古屋Zepp Nagoya

12月21日(木) 東京・Zepp Tokyo

『フレデリズムツアー リリリピート公演〜みんなのTOGENKYO〜』

1月13日(土)  東京・新木場STUDIO COAST

1月14日(日)  東京・新木場STUDIO COAST
アルバム『TOGENKYO』
2017年10月18日発売

【初回限定盤】(CD+DVD)

AZZS-69/¥2,700+税

■CD

01.TOGENKYO

02.スローリーダンス

03.かなしいうれしい

04.たりないeye

05.ミッドナイトグライダー

06.パラレルロール

07.RAINY CHINA GIRL

■DVD

〈アコースティックスタタジオライブ「FAB!! 〜Frederic Acoustic Band〜」〉

01.ナイトステップ

02.オワラセナイト

03.トウメイニンゲン

04.かなしいうれしい

05.USO

06.KITAKU BEATS

07.たりないeye

【通常盤】(CDのみ)

AZCS-1067/¥2,200+税
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy