体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アイスランドでドローン中継による「空飛ぶフードデリバリー」がスタート!

アイスランドでドローン中継によるフードデリバリー開始!
(c) Flytrex

道路渋滞に巻き込まれ、「このまま車ごと空を飛べたら、すぐ到着するのにな~」なんて考えたことはありませんか? アイスランドのとある会社は、そんな夢のような話を実現させてしまいました。けれど空を飛ぶのはクルマではなく、今注目の「ドローン」なんです。一体どういうことなのでしょう。

デリバリー泣かせのレイキャビクの地形

アイスランドでドローン中継によるフードデリバリー開始!
その話題の会社とは、北欧アイスランドの通販会社aha社。アイスランド最大のオンラインマーケットプレイスである「aha.is」は、通常の家電などの他に、食品を扱っているのも大きな特徴。特にピザやハンバーガーや寿司など、「いますぐ食べたい」軽食を届けてくれるフードデリバリー・サービスも行っているのです。

アイスランドでドローン中継によるフードデリバリー開始!
(c) Flytrex

そんな時にネックになるのが、島国アイスランドの地形。特に首都レイキャビクは湾によって大きく都市部を分断されているので、aha社の配送場所から住宅街のあるエリアまでは大きく遠回りしなくてはならないのです(上の図の赤い線)。道路が混雑する時間帯はタイムロスも大きくなり、食べ物を待つ顧客をお待たせする時間も長くなってしまいます。そんな事態を憂いたaha社は、イスラエルを拠点とするドローン技術会社「Flytrex」と提携し、ドローンによる「空飛ぶフードデリバリー」を開始したのです!

ドローンが食べ物を届けてくれる!?

xhttps://www.youtube.com/watch?v=ixP6zOLu3Gs
(c) youtube / Flytrex

こちらのビデオを見ると分かるように、配送センターのスタッフがドローンの下に付いているBOXに注文を受けた食べ物を入れ、スマホで操作をします。すると、ドローンが都市部までそれを運んでくれるのです! 車だと住宅街に行くのに25分もかかっていたところ、ドローンを使うと4分で到着してしまうというのだとか。すごい効率のよさですね!

アイスランドでドローン中継によるフードデリバリー開始!
(c) Flytrex

機体の性能から、ドローンが一度に空輸できる荷物の重さは約3kgくらいではないかと言われています。でもハンバーガーやお寿司を運ぶなら、それくらいで十分なのではないでしょうか。

アイスランドでドローン中継によるフードデリバリー開始!
(c) Flytrex

ただし、実はドローンが飛んでいくのは今のところ対岸のとある地点まで。アイスランド運輸局から飛行許可が降りているのが1本のルートのみなので、そこを中継地点そしているのです。そこから注文した顧客の家まではスタッフが車やバイクなどで運ぶ流れになってるのだとか。

アイスランドでドローン中継によるフードデリバリー開始!
(c) Flytrex

このドローンを使った中継配送は、1日20本くらいを予定しているそう。更に、より多くの飛行ルートの許可を取得し、近い将来は顧客の家に直接ドローンが届けるシステム導入も計画されているのだとか。その場合は、飛行するドローンからワイヤーで食べ物が降ろされることになるそうです。楽しそうですね!

もしドローンによる直接のデリバリーが可能になったら、ぜひレイキャビク旅行の際にはチャレンジしてみたいです。

[Flytrex]
[aha.is]
[Drone food delivery service is off the ground in Iceland]
[World’s first drone delivery service launches in Iceland]
[Hamburgers and beer are about to start flying through the skies of Reykjavík, Iceland]
[A photo by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。