体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京一人暮らし図鑑】三軒茶屋編~おしゃれだけど、下町っぽい街~

【東京一人暮らし図鑑】三軒茶屋編~おしゃれだけど、下町っぽい街~

おしゃれなカフェに、落ち着いた街並みなど、人気の街として知られる東京・世田谷区の「三軒茶屋」。しかし、実際に暮らしている人は、どう考えているだろう? 三茶歴5年のつみきさんに、リアルな生活を聞いてみました。●プロフィール

名前:つみき/年齢:24歳/職業:飲食業

家賃:5万5000円/間取り:1R/駅から徒歩:15分/築年数:10年【画像1】(写真撮影/東京グラフィティ編集部)

【画像1】(写真撮影/東京グラフィティ編集部)

三軒茶屋ってどんな街?

――三軒茶屋を選んだ理由は?

最初はアクセスのよさに惹かれました。上京前に決まってたバイト先が渋谷で、三茶なら電車で一本で出られるから。家賃も安かったんです。ただ、その代わり本当にボロボロで、ねずみが出るような部屋だったけど……。それから何回か引越してるんですが、ずっと三軒茶屋のなかを転々としてます。今は友達も多いし、立地も便利なのが住んでる理由ですかね。【画像2】(写真撮影/東京グラフィティ編集部)

【画像2】(写真撮影/東京グラフィティ編集部)

――三軒茶屋の好きなところは?

飲み屋がたくさんあるところ(笑)。居酒屋が密集する、通称『三角地帯』は、朝方までずっとにぎやかで、一時期は毎日飲み歩いてました。

三軒茶屋に集まるのは、クリエイティブな仕事の人が多くて……。ちょっと構えちゃうんですけど、話すとみんないい人で、すぐ仲良くなれます。お店で隣り合わせて話が盛り上がったり、それがきっかけで友達ができることはしょっちゅうで。上京してすぐのときは全然友達がいなかったけど、この街で出会った人たちのおかげで、寂しい思いをせずに済んだかな。

――逆に、三軒茶屋の嫌いなところは?

みんなが1カ所に集まるぶん、コミュニティが狭いところですね……。あと、どんなになじんだお店でも2年で人が入れ替わるから、久しぶりに行くと知った顔が居なかったりする。そういうときは、ちょっと寂しいかな。【画像3】(写真撮影/東京グラフィティ編集部)

【画像3】(写真撮影/東京グラフィティ編集部)

――住む前と住んでから、街のイメージは変わった?

最初は都会的なイメージでした。ただ、住むと意外に下町っぽくて。昼間は商店街でおばあちゃんたちが買い物してたりするし。逆に、夜は若者の時間。朝まで営業している飲食店やお店が多いから、深夜でも活気があって。東京って怖いイメージだったけど、三茶はすぐ駅前に交番もあるから、夜でも安心です。

――あなたが思う、「三軒茶屋」とは?

私にとって、“東京の地元”かな。東京へ出てきてから、ここでたくさん友達ができました。街全体のハードルが低くて、地方から出てきた私を受け入れてくれたからだと思うんです。だから、これから上京する人にも、三軒茶屋はおすすめ。特に、当時の私みたいな寂しがり屋な人には、すっごくいいと思います。

知る人ぞ知る? 三軒茶屋のお気に入りスポットTOP5!

三茶歴が5年もあるつみきさん。街をよく知る彼女に、よく行くスポットや気になるスポットを紹介してもらいました!

1.そびえ立つ銭湯の煙突【画像4】(写真撮影/つみきさん)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。