体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

松尾潔×林剛が語る“90年代ブラック・ミュージック”のベスト・アルバムとは? ビルボードライブ10周年イベント・ダイジェスト対談

松尾潔×林剛が語る“90年代ブラック・ミュージック”のベスト・アルバムとは? ビルボードライブ10周年イベント・ダイジェスト対談

 2017年9月24日、東京・二子玉川ライズ内の二子玉川 蔦屋家電にて、音楽プロデューサーで文筆家の松尾潔と、音楽評論家の林剛による対談イベントが開催された。

 【BBL 10th Anniversary Talk Session 松尾潔×林剛 ~Revive 90s~】と題し、ビルボードライブ10周年を記念して行われたこの日のイベント。これまでも多くの90s以降のR&B、ヒップホップのアーティストのライブを開催し、10月以降もエリカ・バドゥ、ベイビーフェイス、フェイス・エヴァンスの単独公演も控えるビルボードライブ。その周年イベントに、その道の権威と言える二人が登壇し、終始和やかな雰囲気の中、幅広い話題が展開された。この記事では、そんな両者の対話をダイジェストでお届けする。

<松尾潔、林剛が選ぶ90年代のベスト・アルバム(TOP3)>

松尾:今日は事前に「90年代の名盤ベスト3を挙げてくれ」ってビルボードさんに頼まれて用意したんですけど、二人とも「3枚ずつ挙げて下さい」ってメールが来てるはずなのに、林さんも僕も10枚近く挙げていて(笑)

会場:(笑)

林:何かにつけて挙げたくなるんですよね。

松尾:3枚で収めるのは難しいよね。じゃあ、まずは林さんのTOP3からお願いします。

林:色々と前置きをつけたくなるところではありますが、僕の3枚は、トニ・トニ・トニの『サンズ・オブ・ソウル』(1993年)、メアリー・J. ブライジの『マイ・ライフ』(1994年)、キース・スウェットの『キース・スウェット』(1996年)ですね。

松尾:なるほどね。何の異論の余地もありませんけど…林さんってそういう人なんだ(笑)

林:「人生で1枚だけを挙げろ」って言われたらすごく困るんですけど、90年代に関しては、もし「1枚を挙げろ」って言われたら、トニ・トニ・トニの『サンズ・オブ・ソウル』を挙げますね。

松尾:あ、そうなんだ。良いアルバムだけど、そんなに思い入れがあったんですね。甘酸っぱい思い出があるとか? 「俺のピローで寝てみないか?(同アルバム収録のヒット“Lay Your Head On My Pillow”の日本語訳)」みたいな(笑)

林:いやいや、そんな感じじゃなかったですね(笑)。このアルバムがリリースされたのは20代前半の頃で、その頃はタワー・オブ・パワーとかスライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーンとかのベイエリアのファンク、70年代のファンクとかソウルがすごい好きだったんです。一方で、ニュー・ジャック・スウィングとかも聴いていて。トニ・トニ・トニは、映画『ハウス・パーティーII』(1991年)のサントラにも曲を提供していましたけど、彼らの音楽には70年代ファンクとニュー・ジャック・スウィングの両方を感じたんですよね。まだ学生で評論家でも何でもなかったのに「これは今後のR&Bシーンを占う作品だ!」って友達に力説してました。

松尾:そのお友達って迷惑がってませんでした?(笑)

林:ええ。就職活動をしている友達に語ってましたね(笑)

松尾:でも、いまでもその気持ちに揺るぎはないですか?

林:ないですね。今思うと、その後、ニュー・クラシック・ソウルとかネオ・ソウルと呼ばれたムーブメントの起点にもなっているアルバムなんじゃないかなと思います。

松尾:なるほどね。ちなみにキース・スウェットはなぜ?

林:僕はスロージャムが大好きなので、その代表作かなと。

松尾:これもまた「俺のピローで…」とか、そういう世界観ですよね(笑)。

林:僕って、そういうタイプに見えますか?(笑)

松尾:でも、基本的に、こういうのが好きな人って、そういう世界に憧れがあるんじゃないの?

林:そうですね。

松尾:なんてシンプルなカンバセーションなんだ(笑)。ちょっと真面目に話すと、オリンピックの年に開催地のアトランタから出てきたヒットアルバムで、当時のアトランタのシーンの活況ぶりを示す1枚ですよね。あの頃のキースの周辺には、TLCとか、本当に色んな人達がいましたからね。

林:そうですね。今回『キース・スウェット』は松尾さんとダブりましたね。

松尾:そうですね。じゃあ、先に答えを言われましたけど(笑)、私の3枚を。ジャネット・ジャクソン『ジャネット.』(1993年)、R・ケリー『12プレイ』(1993年)、キース・スウェット『キース・スウェット』。僕にとってはやっぱり『ジャネット.』が金メダルってことになるのかなぁ。

林:ある意味そうですよね。

松尾:彼女はメアリー・J. ブライジと同じように、その時々の自分の人生模様をアルバムに素直にプリントしてきた人だと思うんです。とはいえ“大スターの妹”っていう出自がまずあるから、メアリー・Jみたいに「シスターの代弁者」みたいな見方をされることは少ないんですよね。でも、このアルバムに関しては、タイトルのピリオドで「ジャクソン家とは一線を引いたひとりの大人の女」という決意表明を表現しているような気概を感じましたね。

林:なるほど。

松尾:あと、曲が良かったですよね。「That’s The Way Love Goes」のすばらしさ。アシッドジャズっていうロンドン発祥のムーブメントを視野に収めていたともいえます。最近の90sリバイバルでアシッドジャズも再注目されてますよね。ジャミロクワイが日本武道館で追加公演までやったりとか、その影響を隠さないSuchmosって日本の若いバンドが人気を博していたりとか。アメリカのR&Bだけを軸に語るなら、「That’s The Way LoveGoes」は “ジャネット流のネオソウル”とか、“ジャム&ルイスが生のグルーヴにも目を向けた作品”って言われがちですけど、当時を思い出してみると「イギリスのソウルファンの大好物を作ったなぁ」っていう印象が強かったですねぇ。

 その頃の僕はアメリカで仕事することも多かったんですが、アメリカの、特にR&Bビジネスの世界に居ると、アメリカの中しか見ないんですよ。あの国って大きすぎて、州を跨ぐと外国みたいなものだから、海外旅行に行かないひとも多い。でも『ジャネット.』には、アメリカ産のR&Bとしては珍しくワールドワイドな視点もありました。まだR&Bがポップ・ミュージック全体の覇権を握るか握らないかくらいの時代で、アフリカン・アメリカンによるアフリカン・アメリカンのためのアルバムが大半を占める時代にあって、このアルバムには国際マーケットへの目配りがありました。

<松尾潔、林剛が選ぶ90年代のベスト・アルバム(&MORE)>

林:松尾さんのTOP10の残り7枚は、メアリー・J. ブライジの『What’s The 411?』(1992年)、Dr. Dre『The Chronic』(1992年)、Nas『イルマティック』(1994年)、ノトーリアス・B.I.G.『Ready To Die』(1994年)、TLC『CrazySexyCool』(1994年)、ディアンジェロ『ブラウン・シュガー』(1995年)、エリカ・バドゥ『バドゥイズム』(1997年)ですね。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。