体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

三角コーナーや水切りは置かない、動線に合わせた収納…「台所のやる気」の作り方

三角コーナーや水切りは置かない、動線に合わせた収納…「台所のやる気」の作り方

意外とユーウツなことが多い「台所」の時間。

「洗い物をしなきゃ…」

「献立、何でもいいって言われたけど…」

「作らなきゃいけない」という義務感から、「料理って面倒くさい」と思っている人は少なくないはずです。

そんな悩みを一気に吹き飛ばしてくれる一冊が、人気料理教室を主宰する料理家の高木ゑみさんによる『やる気の続く台所習慣40』(扶桑社刊)。

本書では「モチベーションがどんどんアップする台所ルール」をテーマに、台所に関するさまざまな悩みを解決していきます。

高木さんのご自宅の台所は「何もない」そう。シンクにあるはずの食器の水切りカゴや三角コーナーもないのだとか。今回は彼女の台所の秘密を探るべく、ご自宅にお邪魔してお話をうかがいました!

(取材・文/金井元貴)

■「何もない」キッチンでインタビュースタート!

――高木さんの台所には本当に何もないですね!

高木:何もないんですよ! これが通常です。

――事前に「三角コーナーもない」という話をうかがっていて、「そんな家あるの?」と思っていたので…これはすごいです。

高木:三角コーナーも水切りカゴもありません。野菜はシンクの中で洗うのですが、物があると洗いにくいですよね。スペースがあるほど料理のしやすさは上がりますし、片付けもしやすくなるから、なにもない台所はおすすめですよ。

――いきなりで申し訳ないのですが、生ゴミはどのように処理するのですか?

高木:下味をつけるときに使ったフリーザーバッグを洗ってとっておいて、その中にどんどん捨てていきます。ゴミネットとして再利用し、それを大きなゴミ箱に捨てていく感じですね。

――高木さんの新刊『やる気の続く台所習慣40』は、モチベーションの上がる台所のつくり方がテーマですが、執筆の経緯をお聞かせ下さい。

高木:少し前に「台所うつ」という言葉が流行りましたが、実際に、台所が汚いために料理に対するモチベーションが上がらなかったり、台所に立つのも嫌になってしまう、という話を料理教室の生徒さんからたくさん耳にしてきました。でも、食事は生きるために必要不可欠ですよね。ならば、料理を楽しんでほしい。毎日の習慣が楽しければ素晴らしい人生になるじゃないですか。

「台所が汚いからやる気が落ちる」というのは分かります。でも、それは例えば24時間前の自分の「面倒くさい」という思いが引き金になり、掃除をしなかった台所があるわけです。そういう方々に、少しでもモチベーションの上がる、小さな、でも効果的な習慣を積み重ねてもらい、負のスパイラルから脱してほしい。そして楽しく料理をしてほしい。そのためのルーティンをまとめた本を書きたいと思っていたんです。

――確かに食器洗いを放置してしまうことは多いです…。

高木:そういう方は多いですよね。でも、料理は遠足と同じなんです。準備から家に帰るまでが遠足なのと同じで、洗い物を終え、キッチンの掃除を済ませるまでが料理です。

――なるほど。でもやっぱり面倒くさいというか…。

高木:その気持ちは分かりますが、面倒だと思ったときはゲーム感覚で準備や食器洗いを楽しみましょう。

この本の中では「『よーい、ドン!』で手を叩く」と書いているんですけど、例えば「テレビドラマが始まるまでの残り5分で一気に片付けよう」とか「キッチンタイマーで時間をセットして、その時間内に洗い物を終えよう」と、ちょっとした締め切りをつくって取りかかるんです。時短にもなるので、この方法はオススメですよ。

■一歩も動かずに料理ができる台所を作る!?

――料理に対する「面倒くささ」は、後片付けだけではありません。準備、すなわち「献立作り」にも頭を悩ませています。高木さんはどんなときに献立を考えますか?

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。