体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【究極の贅沢】アートを感じながら日常を過ごす、極上の住まいのかたち

【究極の贅沢】アートを感じながら日常を過ごす、極上の住まいのかたち
提供 マジェス元麻布ガーデンズ

美術館に行ったり、デザイン性の高い建築物を観たり・・・。休日に近場で、あるいは旅先で、アートを楽しむことを趣味のひとつにしている人は多いですよね。それは、きっと刺激を求めたり、豊かな時間を欲していることのあらわれ。ならば、出かけずとも住まいにアートを取り込めたら、日々の生活が上質になるのではないでしょうか。

そんなことを考えたのは、2017年9月に公開された、元麻布にある「マジェス元麻布ガーデンズ」のペントハウスを観たから。こんなにも計算しつくされた、文化の融合に触れられるところは、そうありません。

都心にもかかわらず、閑静で自然あふれる空間

【究極の贅沢】アートを感じながら日常を過ごす、極上の住まいのかたち
提供 マジェス元麻布ガーデンズ

六本木からほど近く、都心とは思えないほど静かで緑溢れる場所に「マジェス元麻布ガーデンズ」は建っています。このマンションは、以前から外交官などの外国人が多く住む高級賃貸マンションを、東急不動産と両備ホールディングスがリノベーションを手掛け販売しているもの。

今回、とあるデザイナーの手によっていわゆるメゾネット部分であるペントハウスをアート性の高いモデルルームへと昇華されたとのことで、内覧に足を運びました。

世界的著名建築家がつくる、自然から着想を得て、光をあやつり計算された極上の空間

手掛けたデザイナーは、ドイツ・ヴォルフスブルクにある「ザ・リッツ・カールトン・ホテル」などを手掛けたアメリカ人建築家・インテリアデザイナー、エリオット・バーンズ氏。権威のある建築・デザイン誌「アーキテクチュアル・ダイジェスト・フランス」において、同世代で最も才能のあるデザイナーの一人に選出された実績をもち、今回はペントハウスの空間構成、デザインを担っています。エリオット氏が初めてこの地を訪れた際、一番印象的だったという緑・光・空からインスパイアされ、「Sky Forest(スカイ・フォレスト)」をテーマに仕立てたそうです。

【究極の贅沢】アートを感じながら日常を過ごす、極上の住まいのかたち
エリオット・バーンズ氏。自らがデザインしたペントハウスのリビングにて撮影 (C)Minoru Tanaka

開放感、そして芸術性の高いエントランス

まず、エントランスに入るだけで気分が高揚するほど開かれた空間にアートを感じることができます。流れる水のような布地、岩肌を表す革のパネル、木の葉が舞い落ちるようなガラスのオブジェなど、そこには、普段目にすることのない、技巧を凝らしたエレガントな空間が出迎えてくれます。エリオット氏は、「その国、あるいは、その土地のものを、必ずひとつ取り入れる」ようにしているそうです。エントランスや壁面を飾る革のパネルは、日本伝統の折り紙をヒントに岩肌を表現しているのだとか。ガラスのオブジェは、自然の色合いをイメージさせ、見た目の満足だけでなくイマジネーションを喚起させる、いわばアート作品のようです。

【究極の贅沢】アートを感じながら日常を過ごす、極上の住まいのかたち
提供 マジェス元麻布ガーデンズ

馬の毛をはじめ、素材選びにも刺激を受ける部屋

【究極の贅沢】アートを感じながら日常を過ごす、極上の住まいのかたち
提供 マジェス元麻布ガーデンズ

例えば寝室のひとつには、RAIN、雨をテーマにした空間があります。ベルギーから持ち込んだフェイクホースヘアを織り上げ壁にあしらい、水の流れが表現されています。光や色合いがあやつられ、「エレガントな粋」を感じさせてくれます。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。