体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

地球上の「誰一人取り残さない」ために取り組む、世界の目標「SDGs」って?

いきなりだけど、ちょっと前に「PPAP」で大ブレークしたタレントのピコ太郎さんと、外務省がコラボした動画があるって、知ってた?

 

動画のテーマは「SDGs版PPAP」。

 

SDGsと、「PPAP(Public Private Action for Partnership)」って!?

 

とにかく見てみよう!

 

 

動画の中でピコ太郎さんが歌っているように、「SDGs(エスディージーズ)」とは、英語の「Sustainable Development Goals」の頭文字をとった言葉。日本語では「持続可能な開発目標」という。

 

世界が抱える課題を解決するために、国連が決めた17個の国際目標(ゴール)のこと。国連に加盟する国々が目標達成に向けて取り組んでいる。

 

「国際目標なんて、私には関係なさそう…」と思いがちだけど、キミたち高校生にも関係があることなんだそう。

 

そこで、SDGsのことを知るべく、専門家から話を聞いてみることに!

 

外務省 国際協力局 地球規模課題総括課でSDGsの関連業務に携わる桂川皓匡(かつらがわ・ひろただ)さんと福留健太(ふくどめ・けんた)さんに教えていただいた。

 

1.2030年までに17個の目標達成を目指す!

2.ニューヨークの国連でピコ太郎さんが「PPAP」を披露!?

3.日本と世界を元気にするための取り組みが、SDGs

4.目標に近づくと、高校生の未来も活気づく!

5.高校生もSDGsに取り組める!


2030年までに17個の目標達成を目指す!

地球上の「誰一人取り残さない」ために取り組む、世界の目標「SDGs」って?

※写真左:桂川さん 写真右:福留さん

 

Q.そもそもSDGsって何?

福留さん:

「世界には貧困や地球環境問題など、多くの課題があります。

 

それらを解決するために2015年9月の国連サミットで全会一致で採択されたのがSDGsです。

 

基本理念は、『誰一人取り残さない』。SDGsは経済・社会・環境など広範な課題に統合的に取り組む興味深い目標で、私たちの社会や世界のあり方を大きく変革する取り組みといえます」

 

Q.目標ってどんな内容なの?

福留さん:

「貧困をなくす、あらゆる人の健康と福祉を推進する、みんなが質の高い教育を受けられるようにする、男女平等を進める、新しい技術を開発する、地球温暖化への対策など、17個の目標がかかげられています。

 

それぞれの目標はさらに細かいターゲットに分けられていて、その数は169項目にもなるんですよ。

 

例えば貧困なら、各国で貧困状態にある人の割合を半減するなどです」

 

桂川さん:

「SDGsは途上国も先進国も、国連に加盟するすべての国が取り組むべき目標として設定されているのが特徴です。

 

2016年から2030年までの15年間の世界共通の目標で、各国のSDGsがどのくらい進んでいるのかを測るための指標も定められています。日本も達成に向けて取り組んでいますよ」

 

☆持続可能な開発目標(SDGs)

※出典:国際連合広報センター

 

ニューヨークの国連でピコ太郎さんが「PPAP」を披露!?

Q.日本はどんなふうに取り組んでいるの?

1 2 3 4次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会