体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネパールの治安は?物価は?ネパール旅行の基本情報まとめ

ネパールの治安は?物価は?ネパール旅行の基本情報まとめ

「ネパール」といえば、世界の屋根ともいわれるヒマラヤの名峰の数々を連想する人が多いのではないでしょうか?名だたる名峰へのトレッキングの玄関口として、ネパールは世界中の登山家たちのあこがれの国です。

 

また、神秘的な仏教文化もネパールの魅力の一つ。ネパール南部のタライ平原にある小さな村ルンビニは、お釈迦様が誕生した場所としてよく知られ、現在もポカラを始めとする仏教寺院が多く立ち並ぶエリアは、各国の観光客たちでにぎわっています。

この記事では、気になる2017年現在のネパールの治安と物価について様々な角度からリサーチした結果をお伝えします!

*編集部追記
2017年9月の記事に新たに3選を追記しました。 (2017/12/10)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

ネパールに行ってみての感想

photo by shutterstock

世界最高峰の山「エベレスト」があることで有名なネパールは、旅人だけでなく登山者にも人気の場所です。ネパールには30以上の民族が暮らしており、各民族が独自の文化を築いています。エベレストはもちろんのこと、歴史ある仏教寺院、美しい街並み、雄大なジャングルなど、その他にも見どころ満載なネパール。

 

私は以前何度かネパールを訪れていますが、首都のカトマンズは東南アジアらしいカオスさがあり、人が溢れ、車とバイクが行き交う熱気ムンムンな場所です。東南アジアの雰囲気が大好きな方にぴったりの場所と言えるでしょう。

ネパールの食事ですが、値段が安く日本人の口に合うものが多い印象です。ネパールの名物である「モモ」という名前の餃子はもちろんのこと、ダルバートと呼ばれるカレー定食も人気で、基本的にネパール人は毎日このダルバートを食べます。

このダルバート、値段が400円くらいなのでちょっと高いかなと感じますが、おかわりの料金が含まれているのでコスパ最高でおすすめです。

 

旅行のルート

photo by shutterstock

私はまずネパールの首都・カトマンズに到着し、そこで4泊ほど滞在、そしてそこからポカラへバスで向かいました。ポカラはカトマンズよりものんびりとしており、非常に落ち着いた時間を過ごすことができました。東南アジアのカオスさが苦手な方は、ポカラに長く滞在するのがおすすめです。

 

おすすめの都市

photo by shutterstock

カトマンズより西へ200kmのところに、ポカラはあります。「ポカラ」という地名はネパール語の「ポカリ(湖)」という言葉から来ており、その名の通りアンナプルナ氷河を水源とするフェワ湖、ベグナス湖、ルパ湖という美しい湖沼群を持つ町です。

また本格的なヒマラヤトレッキングの出発点でもあり、お手軽にヒマラヤ眺望を楽しめるコースもいくつかあります。
ネパールのおすすめ記事はこちらです
本気でハマったネパール料理7選
世界最高峰エベレストの麓に広がるネパールの世界遺産を全部まとめた

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。