体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宮﨑牛ヒレ肉を特製ダレで何度も炙る、ヒレすき焼き

9月27日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、午前11時55分~)では、番組で紹介したグルメ店で、出演者がもう一度食べたいお店を特集したコーナーで、「SATOブリアン にごう」(東京都杉並区)が紹介された。

JR中央本線(東京-塩尻)・阿佐ヶ谷駅東口 から徒歩2分のこちらは、全国から食通が訪れ1カ月分の予約が1日で埋まるという超人気店だ。
「SATO厳選和牛スペシャル」(1人前15,000円)から、「ヒレすき焼き」を水卜麻美さんを中心とした一行がいただいた。

「SATO厳選和牛スペシャル」は一頭の九州和牛からわずかしか取れないというヒレの中央部分シャトーブリアンを中心としたコース料理。分厚く柔らかな九州和牛タンや和牛サーロインを味わうことが出来る。
中でも「ヒレすき焼き」は、宮崎牛のヒレをうっすら色が変わる程度に炙り、特製のすき焼きダレにくぐらせるのを何度も繰り返す丁寧な一品。焼き上げたヒレは玉子と絡めてすき焼き風にしていただく。
この玉子は、箸や指でつまめるほど黄身を包む膜が強く味も濃厚な福島県・糸島市のものだ。

運ばれてきた「ヒレすき焼き」に目と口を開いて固まってしまった水卜さん。玉子の説明の中で黄身を箸でつまみつつ、「ヒレすき焼き」への期待を膨らませている様子だ。

大きく一口かぶりついた水卜さんはあまりの感動からか目を瞑って何度も頷いた後、「おいしい…」と絞り出すように感想を声にした。さらに「こんなに想像してたのに、想像を超えてきた。こんなに厚みがあるのにやわらかいし、もっと脂っぽいと思ったら全然違いました!お肉自体の赤身がおいしい。黄身もおいしい、タレもおいしい…。肉の神!」とコメント。
近藤春菜さんも一口食べ、その味にうっとりとため息を漏らし「なんか、泣けって言われたら泣けますね」と頷いた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:SATOブリアン にごう(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:高円寺のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:洋食・西洋料理のお店紹介
ぐるなび検索:高円寺×洋食・西洋料理のお店一覧
宮﨑牛ヒレ肉を特製ダレで何度も炙る、ヒレすき焼き
旬の江戸東京野菜をいただける和食店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。