体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

白雪姫のお城のモデル、世界遺産の街セゴビアの古城アルカサル【スペイン】

ローマの時代の水道橋が残る世界遺産の街として知られるスペインのセゴビア。ここに、「白雪姫」の城のモデルとなったと噂される美しく壮大な城があります。

それが世界遺産にも登録されている「アルカサル」。波乱万丈の歴史を歩み、時代とともにその姿を変えてきた古城は、時を超えて私たちを魅了し続けます。

世界遺産の街・セゴビア

【スペイン】「白雪姫」のお城のモデル、世界遺産の街・セゴビアの古城「アルカサル」が美しい
セゴビアはスペインの首都・マドリードの北西約90メートルに位置する古都。その歴史は古く、古代から人が居住していたことがわかっています。イスラム勢力の支配を受けた後、11世紀以降はカスティーリャ王国の中心都市として栄えました。マドリードから日帰りできるアクセスのよさも手伝って、多くの観光客でにぎわっています。

セゴビアを象徴する建造物である、1世紀ごろに建設された水道橋は、最も優れたローマ時代の遺構のひとつ。この水道橋と、中世の面影を残す旧市街は、「セゴビア旧市街と水道橋」として世界遺産に登録されています。

「白雪姫」のモデル・アルカサル

【スペイン】「白雪姫」のお城のモデル、世界遺産の街・セゴビアの古城「アルカサル」が美しい
世界遺産「セゴビア旧市街と水道橋」の一角をなすのが、エレスマ川とクラモレス川が合流する場所にある岩山にそびえるアルカサル。「アルカサル」はスペイン語で「城」や「砦」の意味で、セゴビアのアルカサルはディズニー映画「白雪姫」の城のモデルになったといわれています。

【スペイン】「白雪姫」のお城のモデル、世界遺産の街・セゴビアの古城「アルカサル」が美しい
スペインに数ある城のなかでも、最もメルヘンチックな城として名高いセゴビアのアルカサル。実際に目にすると、その壮大さは圧巻。高さの異なる塔が折り重なるようにして複雑なシルエットを描く光景はなんとも幻想的です。

まさに「おとぎの国」を思わせるその姿を見れば、「白雪姫」の城のモデルになったというのもうなずけます。

900年の歴史をもつ堅固な城砦

【スペイン】「白雪姫」のお城のモデル、世界遺産の街・セゴビアの古城「アルカサル」が美しい

そのメルヘンチックな外観とは裏腹に、セゴビアのアルカサルはもともと軍事目的で築かれた砦でした。その基礎はおよそ900年前、イベリア半島を支配していたイスラム勢力によって築かれたものです。

その後レコンキスタによって、キリスト教徒がイベリア半島を奪還。アルカサルは歴代カスティーリャ王の居城となりました。16世紀のフェリペ2世の時代には、フェリペ2世と4番目の王妃アナ・デ・アウストリアの婚礼の儀が執り行われるなど、アルカサルはスペイン王室にとってきわめて重要な存在でした。

【スペイン】「白雪姫」のお城のモデル、世界遺産の街・セゴビアの古城「アルカサル」が美しい
また、フェリペ2世の統治下では大規模な改築も行われ、中央ヨーロッパを思わせる華やかな城へと生まれ変わりました。歴代の王たちによる増改築や拡張により、アルカサルは時代とともにしだいにその姿を変え、スペインきっての美しい城となったのです。

王宮としての役割を失い牢獄に

【スペイン】「白雪姫」のお城のモデル、世界遺産の街・セゴビアの古城「アルカサル」が美しい
中世を通じて歴代カスティーリャ王たちの居城であったアルカサルでしたが、マドリードに新しい王宮が建設されると、王族たちは生活の拠点をマドリードに移転。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy