体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レオン・ラッセル、遺作で見せた心からの叫び

2016年11月13日に亡くなったレオン・ラッセルの最後のアルバム『ラスト・レコーディング~彼方の岸辺で』が9月27日発売された。今作は彼が生前最後に録音した曲の数々を収録。2016年、心臓手術から回復しつつある中で、レオン・ラッセルは今作の制作を通して、新しい成功を手応えとして得ることができた。
レオン・ラッセル (okmusic UP's)

彼が新たな活動のきっかけを得ることになったのは2010年、エルトン・ジョンとのコラボ作『ザ・ユニオン』のおかげで、これによってレオンは再び脚光を浴び、大規模なツアーと新作を録音する機会に恵まれる。

レオン・ラッセルの妻のジャン・ブリッジズは、“彼のやりたい事が活かされた最後のレコーディングだった。『ラスト・レコーディング~彼方の岸辺で』は、レナード・コーエンの遺作となってしまった『ユー・ウォント・イット・ダーカー』と通じるものがある”と語る。

オープニングを飾る「オン・ア・ディスタント・ショア」では、《誰かの葬儀が/ここで始まろうとしている》と、レオン・ラッセルは彼の特徴ある声を震わせながら歌う。そして、《僕の番なのかも知れない》と……。一方、彼の娘であるシュガリー、ノエル、ココの3人は、この曲でDio Do Waddy Waddyとバックヴォーカルに参加し、流麗な演奏はその歌詞《バイオリンの調べが聞こえる/こうして物語は終わるのか/そして僕は彼岸で途方に暮れている》を彩る。こうして、感動的な名作は幕を開けていく。

今作はレオン・ラッセルが偉大なるアメリカンジャズやポップスタンダードからインスピレーションを受けた作品で、レオン自身の名曲中の名曲3曲「マスカレード」「ハミングバード」「ア・ソング・フォー・ユー」もラリー・ホールのオーケストラアレンジで再び収録。ほかには、ブルージーな「ブラック・アンド・ブルー」、壮大な「オン・ザ・ウォーターフロント」、まるでかつての友人ジョー・コッカーが歌っているような「ラヴ・ディス・ウェイ」などが聴ける。これらの曲がいつしかスタンダードになるか、いつまでもお気に入りの歌になるか。いずれにせよレオン・ラッセルは、この『ラスト・レコーディング~彼方の岸辺で』を前にして誇らしげに笑うだろう。

“レオンはずっとスタンダード・ナンバーを書きたいと思っていた”とジャンは付け加える。“ああいう音楽こそが重要だと彼は思っていた。多くの歌が消えていく中で、スタンダードはいつまでも生き続けると”。

自身も時代を超える音楽とは無縁でないレオン・ラッセルだが、1960年代にフランク・シナトラ、ローリング・ストーンズやビーチ・ボーイズらのアルバムにピアノで参加し、優秀なスタジオミュージシャンとしてまず注目を浴びる。70年代には、自身のレーベル、シェルター・レコーズを立ち上げ、ソロとしての活動を始める。野性味あふれる長髪と、獰猛とも言える仕事への姿勢で、ラッセルは20世紀以降独自の道を邁進してきた。ジョージ・ハリスン主催の『バングラディッシュ・コンサート』にも出演。ゴールドディスク認定アルバムを次々と発表していった。

“レオンは不器用なロマンチストだったわ。心の優しい人”――妻のジャンは説明する。

“私からすると、彼はずっと、親しい人たち以外からは謎めいた存在だった。でも、このアルバムは、自分の感情を見せるチャンスだったの。「ジャスト・リーヴズ・アンド・グラス」という曲では彼の心からの叫びを聞くことができる。あれはウソじゃない。彼は感情的な人で、ライヴではそれを見せていた。『ラスト・レコーディング~彼方の岸辺で』はそんな彼の肖像よ。正確な肖像”。
アルバム『ラスト・レコーディング~彼方の岸辺で』
発売中

SICX-93/¥2,400+税

※デラックス版

※解説・歌詞・対訳付き

※デジパック仕様

<収録曲>

01.オン・ア・ディスタント・ショア

02.ザ・ナイト・ウィ・フェル・イン・ラヴ

03.ラヴ・ディス・ウェイ

04.ヒア・ウィズアウト・ユー

05.インサイド・ザ・ナイト

06.マスカレード

07.ブラック・アンド・ブルー

08.スイート・ヴァレンタイン

09.ジャスト・リーヴズ・アンド・グラス

10.ラヴ・オブ・マイ・ライフ

11.オン・ザ・ウォーターフロント

12.イージー・トゥ・ラヴ

13.ハミングバード

14.ザ・ワン・アイ・ラヴ・イズ・ロング

15.ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー・フロム・ヒア

16.ア・ソング・フォー・ユー

■特別サイト

http://www.110107.com/Leon_Russell
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。