体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『9月28日はなんの日?』マイルス・デイヴィス没後26年、『死刑台のエレベーター』真夜中のセッションから60年

『9月28日はなんの日?』マイルス・デイヴィス没後26年、『死刑台のエレベーター』真夜中のセッションから60年

 9月28日はマイルス・デイヴィスの没後26年。

 1991年9月28日に65歳でこの世を去ったマイルス。死から四半世紀が過ぎた現在もなお、ジャズ界のみならずロックやヒップホップ、さらには映画界まで、あらゆるシーンに影響を与え続けている。マイルス×映画というテーマで真っ先に思い浮かぶのは、1958年公開のフランス映画『死刑台のエレベーター』だろう。フランス映画界の巨匠ルイ・マルのデビュー作である同作は、ヌーヴェルヴァーグの重要作品であるとともに、マイルスがストーリーに合わせて即興で音楽を吹き込んだ作品としても有名。洗練された映画の雰囲気を際立てるマイルスの名演は、今からちょうど60年前の1957年12月に吹き込まれたもの。真夜中のパリにてたった一晩でおこなわれたそうで、近年、そのセッションの模様がネット上に出回り話題に。同作は巨匠ルイ・マルの衝撃的デビュー作というだけでなく、映画とジャズの密接な関係を決定付けた傑作として、映画と音楽、双方の歴史に刻まれている。

 なお、今年5月にマイルスの“空白の5年間”をモチーフにした映画『MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間』がDVD/ブルーレイでリリース。同作では、『ホテル・ルワンダ』(2004年)などで知られるドン・チードルが監督・主演を務め、ユアン・マクレガーが音楽記者役を、音楽をロバート・グラスパーが担当している。

関連記事リンク(外部サイト)

マイルス・デイヴィスの先進性を21世紀の今、リアルに体験する刺激的なステージ。マイルス・エレクトリック・バンドの尖ったサウンドに心も身体も痺れるスプリング・ナイト
マイルスの吹替は滝藤賢一が担当! 映画『MILES AHEAD』、DVD/ブルーレイでリリース決定
音の魔術師キーヨン・ハロルド、最新作『ミュジシャン』からロバート・グラスパーが参加した新曲を公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy