体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

思う存分楽しんだ20代に悔いはない!「これからは誰かの為に生きたいな」と思うようなった瞬間

f:id:akasuguope01:20170227103713j:plain

私は、若い頃は思いっきり遊びたいと思っていました。

恋に仕事に旅行やオシャレ、ショッピングなど、20代だからこそ楽しめることをとことんやるつもりでした。

実際に計算通りにいきました。

就職難だと言うのに、なんとか就職できたし、辛い思いもしたけれども、頑張った分自分の自信にも繋がりました。

仕事のストレス解消と自分自身を甘やかし、ショッピングも思いっきり楽しんだし、大好きな旅行にだって行ける範囲で出掛けて行きました。

いつかは子供が欲しい、若い頃からずっと思っていたことでした。

でも、20代はとにかく遊びたかった。 関連記事:パパに告ぐ!!産後のママは、お洒落なんてしてる暇なし!育児はそれだけ大変なんです!

そんな中26歳で結婚してからは、少しずつ落ち着いて来ました。

あまりにも多い洋服で溢れたクローゼットを目にすると、ショッピングはもういいかな、と思えるようになったこともあります。

そして、自分の為には時間もお金も十分使って自分を甘やかして来たし、楽しんだ。

たからこそ、これからは誰かの為に生きたいな、なんて思うようになったのです。

何よりも、主人の存在が大きかったからかもしれません。

この人の子供が生みたいと思ったのです。

そして、主人とだったら漠然と上手くいくような気がしていました。

だからこそ、妊娠することには何の迷いも不安もありませんでした。

20代前半の頃やもっと若い10代の頃は、妊娠して子育てしているママを見ると、自分があんな風になれるのか、不安で仕方がありませんでした。

妊娠したら体に色々な変化が現れるし、出産も痛そうだし、子育てだって思う通りには行かないと聞くし・・・なんとなく怖いなというイメージです。

しかし、思いっきり自分の人生を楽しめたからなのか、もしも妊娠しても、大丈夫だと思えました。

実際に、妊娠して、出産し、我が子とご対面すると、非常に感動しました。

全身全霊をかけて、子供を守って行こうと思えました。

自分の時間が取れないとは聞いていましたが、本当に自分のことにはまったく気にかけなくなっている自分がいました。

髪はボサボサ、服はヨレヨレ、でも若い頃散々自分に手をかけてきたからまあいいやと思えました。

何より我が子の事を思うと自分の容姿なんてどうでも良くなります。

色々と、欲しいなと思う物は手に入れてきたつもりです。

それでも、これ程までに掛け替えのない存在を授かれたことが非常に嬉しいです。 関連記事:いつかくる巣立ちの日、その時「私」を見失わないために 〜空の巣症候群について考えた〜 by kobeni

f:id:akasuguope01:20170226085013j:plain

著者:まりこ_497

年齢:32歳

子どもの年齢:2歳

2歳のママです。夫や夫の両親、実の両親、そして友人達など、周りの方に支えられながら、子育てを精一杯頑張っています。ドジなところがあり、周りをハラハラさせることが多いですが、子供はすくすくと成長してくれています。子供の成長だけでなく、自分自身も子供を通して様々な経験が出来て、成長させてもらっています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

2倍大変でも幸せは10倍!不安だらけだった年子出産もみんなの力で乗り越えられた!
妊娠中の暇潰し
お腹が出てきた妊娠6ヶ月。2回もお腹をぶつけて心底ヒヤッとした話

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。