体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

贅沢すぎる味わい! コラボ第二弾「ピエール・エルメの新味覚キャンディ『Envie(アンヴィ)』」がカンロより発売

「パティスリー界のピカソ」と呼ばれるパティシエ、ピエール・エルメ。彼が作り出すスイーツは、斬新な見た目と味わいで多くの人を魅了している。

そんな「ピエール・エルメの新味覚キャンディ『Envie(アンヴィ)』」が、全国のコンビニエンスストアやスーパーマーケット等で9月26日(火)より発売開始。

 

「欲求」を意味する『Envie(アンヴィ)』

「ピエール・エルメの新味覚キャンディ『Envie(アンビィ)』」は、カンロ飴やピュレグミなどでおなじみのカンロ株式会社(東京都中野区)と、ピエール・エルメとのコラボレーション第二弾だ。2017年3月に発売された第一弾「ピエール・エルメの新味覚キャンディ『イスパハン』」のクオリティの高さに驚かされた人も多いはず。

お待ちかねの第二弾は「甘美な香り」が売りの一品だ。

65g・オープン価格

ピエール・エルメの創作レパートリーのひとつとして登場した、「アンヴィ」がモチーフ。

キャンディの元ネタ、洋菓子「アンヴィ」。

Envie(アンヴィ)にはフランス語で「欲求」などの意味があるそう。

愛され続けているこの洋菓子は、エルメが特別な思いを込めて、自分のアンヴィに適うまで、時間をかけて工夫を加えて生みだしたものだという。

 

 

カシス×バニラ×スミレの、甘美な香りに魅了される

新味覚キャンディ『Envie(アンヴィ)』は、カシスの味わいにバニラとスミレがほんのり香る、 繊細で甘美な洋菓子「アンヴィ」をキャンディで表現したもの。

軽い食感のキャンディで口溶けセンターを包み込むことで、 噛んだ瞬間にカシスとバニラとスミレの香りが口いっぱいに広がってくる。

個包装になっており、ひと粒は少し小さめで上品な印象。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。