体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

生後3ヵ月ではじめての風邪。 悪化を防ぐための3つのポイントとは?

f:id:akasuguope04:20161107151300j:plain

赤ちゃんはお母さんのおなかにいたときの免疫があるから生後6カ月くらいまでは風邪をひかない。なんて聞いたことはありませんか。でも兄弟がいるとそうともいえないようです。

私には5歳と2歳の男の子と11カ月になる娘の3人の子供がいます。3人目の娘は、まだ生後3カ月のとき、初めて風邪をひきました。ちょうど長男の幼稚園で風邪がはやっている時期でした。お兄ちゃん2人が風邪をひいてしまったので、3カ月の娘にうつるのも時間の問題だなと思っていたら、すぐに症状があらわれました。 関連記事:わずか生後25日で発熱しパニック!慌てて産婦人科に電話してアドバイスをもらったところ…

症状としては、少し鼻水が出てきて、咳も少し出ているような状態。といってもまだ3カ月の赤ちゃんなのでひどいのかひどくないのかよくわかりません。

「小児科に連れてってもいいのかな?」と悩みました。症状が軽いのに小児科に連れて行き待合室で待っている間に、もっと強い菌に感染してひどくなったら…という心配と、小児科を受診する判断基準がよくわからなかったので、このくらいたいしたことないよ、と医師に思われたらいやだなという気持ちもありました。

でも、やっぱり気になってかかりつけの小児科を受診したところ、娘はやはり服薬が必要な状態でした。

診察を終えて薬をもらいましたが、薬を飲んでも症状はよくならず、咳が次第にひどくなっているような気がしました。まだ薬は残っていましたが、心配だったので再度小児科を受診することに。

今度は、診察後に吸入もしました。私が不安そうにしていたからか、小児科の医師が次のことを教えてくれました。

1つめは、赤ちゃんが風邪をひいたとき、症状が重くなるのも早いが治るのも早い。だから症状の変化にはじゅうぶん気を配ってみること。

2つめは、症状が変わりやすいからこそ、薬が残っていても変化があったら再受診したほうがいいということ。

そして3つめは、赤ちゃんの鼻水はほとんど喉の方に流れて行ってしまうので、親がこまめにすってあげること。

でした。

娘の鼻水の状態は、私が見た限りでは「そんなにひどくないのかな?」と思っていましたが、実際は喉の奥に流れていってしまって、鼻から流れ出てこないだけだったようです。

それからは、医師に言われた通りに娘の症状をよく観察して、変化があったら相談したものの、娘の風邪は悪化し、気管支炎にまでなってしまいました。入院の一歩手前とまで言われていましたが、小児科に吸入治療に通い、自宅ではこまめに鼻水を吸ってあげたところ、1週間くらいで無事に治りました。

治療している期間は心配でとても長く感じましたが、医師のいう通り、回復期に入ってからは本当にすぐに治りました。

赤ちゃんの風邪は症状がわかりにくいからこそ、ママが自分で判断せず、早めに受診したほうがいいなと思いました。今後、娘がまた風邪をひいたら、医師から言われた3つのポイントに気をつけていきたいと思います。 関連記事:第二子は免疫のスパルタ教育!? 生後半年までの赤ちゃんは風邪をひかないと思っていたのに…

著者:ママちゃんS

年齢:30代前半

子どもの年齢:11ヶ月

三人の子育てに日々奮闘中のワーキングママ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

生後3ヵ月。予防接種のために通院したのに、水疱瘡をもらってきてしまった!
寡黙な夫が豹変!? 衝撃的な“すっげーパフォーマンス”で、薬の時間が楽しいものに! by グラハム子 
週2の耳鼻科に月1の大学病院・・・1歳までは病院通いの連続でした

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。